【18卒】合格エントリーシート 三井住友銀行 馬術

Q. あなたの「自分ならでは」を教えてください。(チャレンジしたこと、価値観等)(100字以内)

私は、経済学部でマネジメントを専攻し、企業のマネジメント方法について学びました。それが、私の所属する馬術部に置き換えた時、どのように生かせるかを考え、副将と会計責任者の立場から実践しました。

【設問1】上記でお答え頂いたことについて、具体的なエピソードや取組を教えてください。(400字以内)

馬術部は約30名の部員が所属し、レギュラーメンバーになれる部員は4人です。そのため、ほとんどの部員が毎日朝練や競技会バイトに参加しても、公式戦に出場できません。

スポーツ推薦の無い部活が、一部昇格するためには部の団結力が必要ですが、部員のモチベーションを保つことが困難な環境でした。私はマネジメントの授業を通じて、意見を尊重してもらえる環境、同僚への信頼性、チーム全体の目標・個々の役割の理解、活動への意義、行動が周りにポジティブな影響を与えると信じているという5つの環境を整えることが、良い組織づくりの条件であると学びました。

これを生かし、定例ミーティングによるコミュニケーションの強化に加え、全員がやり甲斐を持てる役職改正や六大学を一度に大学に招いて行う対抗戦を開催しました。また、会計責任者の立場から部の財政赤字解決にも取り組み、会計・日常・技術面の三方向から部の立て直しを行いました。

【設問2】上記でお答え頂いたことについて、苦労したことや克服したこと、そこから得たものを教えてください(400字以内)

最も苦労したことは、部の財政赤字です。多額の医療費が原因で、140万円の赤字を抱えた状態で、私は会計責任者になり、大学からの借金を返すところからのスタートでした。

私の考えた部のマネジメントには、試合開催などのイベントや各役職が活発的に活動するために資金が必要でした。また、人馬の安全のためにエアーバッグなどの購入も不可欠でした。部内だけでは解決困難と考え、部のある目白という立地条件を生かし、他施設の馬を受け入れ、飼育の代理を行うという新発想のアルバイトの導入をし、80万円の黒字にすることに成功しました。

私はこの経験を通じ、大きな改革をすることは、新たな壁と向き合うことであり、それを解決するために必要なことは、どれだけ周りを巻き込んで実行することができるかという影響力と積極性だということを学びました。この会計面の解決が、部の目標である一部昇格のための環境づくりに繋がることになりました。

Q. 三井住友銀行を志望する理由についてお答えください。(400字以内)

志望理由は2つあります。1つ目は、社員の魅力的な人間性です。それは、現場の技術者の想いを深く理解し、目の前のお客様に一生懸命に向き合い、また、そのお客様の潜在的課題を解決できるコンサルティング提案力があることです。

幼い頃に、当時ニコンで指揮をとっていた祖父から習った「一隅を照らす」という言葉があり、この教えを大事にしてきました。私は、目の前のお客様だけを思い、その人の人生を一緒に生きることこそがバンカーの仕事であると感じ、同じ価値観だと思いました。

また、ステッパー開発者の祖父の書籍に「現場の力に助けられて、いまここにいられる」という言葉を聞いて感動したことを私は貴社の社員の方と話すことで思い出すことができました。

2つ目は、就活を進める中で、未来を支える技術をもつ人を私が見極め、その人の抱える課題を銀行員として解決し、日本の経済発展に携わることが私の望む将来像であると気付いたからです。

## 三井住友銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 馬術部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓