【22卒】合格エントリーシート ジェーシービー フライングディスク

Q. 学業で力を注いだことをご記入ください。(400文字以内)

私はフランス文学について学んでいます。主にどの時代にどのような文学の傾向があるのかについて研究していた中で、私はフランスの貧困層について描かれた小説に興味を持ち、貧困についての知識を深めました。

そこで相対的貧困率の高い日本に対し、フランスの手厚い政策を還元したいと考えました。まず日本の貧困の現状を肌で感じるため、公園でホームレスに対し、おにぎりと味噌汁を配布するボランティアに参加しました。

そこで住居を持つ人であれ食事支援が必要な人が多数存在するという状況を目の当たりにしました。フランスにおけるホームレスへの対応は、無料電話サービスや緊急援助が可能である一方で、日本では該当者が高齢化している現状に対して支援サービスを強化していく必要があると考えています。

以上から貧困には見えざる部分があり、新たな政策が必要であり、また物事を実際に現場で体感することの大切さを学びました。

Q. 学業以外で力を注いだことをご記入ください。(400文字以内)

大学2年生の時、アルティメット競技のU23関東代表に選抜され、日本一を成し遂げたことです。

代表チームは各強豪大学から選抜された計18名のメンバーで構成されました。しかし合同練習を週に1度しか実施できず、練習試合における勝率が50%以下という状況でした。

そこで、課題を把握するために、オンラインミーティングの実施を監督に提案しました。その中で、チームの課題が「自己中心的なプレースタイル」と「意思疎通不足」であることを確認し、私は個人分析シートを活用した意思疎通の活性化を図りました。各メンバーに得意なプレースタイルや自身の強みと弱みを記入してもらい、メンバー全員で共有した上で意見交換の場を求めました。

その結果、各メンバーの強みを組み合わせた連携プレーや学年を超えた意思疎通が促進され、全国優勝を果たしました。現在は代表チームでの学びを大学のチームに還元し、目標達成のために日々努力し続けています。

Q. 自身が認識している強みと弱みをご記入ください。(400文字以内)

私の強みはどんな状況でも前向きに捉えられることです。

コロナの影響でチームの意思疎通ができずチームが弱体化していました。この状況を打開すべく、過去30試合の分析を幹部に提案・実施することでチームの弱みを明確にし、また部員へのヒアリングから得た意見と分析結果を元に勝つ方法を考えチームに発信しました。

この結果、仲間と信頼関係が構築でき、チームの勝率が向上しました。この経験から組織力を向上させることの重要性を学びました。

私の弱みは、物事が順調に進むと自分の力を過信してしまうことです。

部活動において自分のポジションに慣れ、周囲から褒められた時に思い切ったプレーをしてミスをしてしまったことがあります。得点直前の大事なタイミングで、自分のミスによってチームの雰囲気も悪くしてしまったという経験から、物事が順調に進んでもそこで満足せず、自分自身で再び気を引き締めて、視野を広げて行動するよう心がけています。

## ジェーシービーの合格エントリーシート一覧を見る
## クレジットカード系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## フライングディスク部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓