【21卒】合格エントリーシート ソニー生命保険 ボート

Q. あなたが学生時代に一番力を入れて取り組んだことをご記入ください。(400文字以上600文字以内)

学生時代に最も打ち込んだことは、ゴルフにおいて目の前の壁を乗り越えるということです。

団体戦で仲間と結果を残すため、各々がスコアアップを目指しましたが、私は少し上達したと思うとまた別のことが出来なくなったりと不調に陥り、思い通りには上手くならず苦労しました。そこで考えて練習すること、人一倍練習することを意識して取り組みました。

真っすぐ飛ばないのはなぜか、飛距離が出ないのはなぜかなど常に問題の原因を考え、解決策をウェブサイトで検索したり、自分のフォームを撮影し上手い人との違いを探したり、仲間に相談したり試行錯誤しました。また毎日クラブを握ることが大切だと思い活動日以外も練習に通いました。

このように考えて人の倍、練習するというサイクルによって着実に壁を乗り越えスコアも入学当時より60打程縮まり、仲間にも認められるようになりました。

努力し続けることができたのは、仲間の存在も大きかったです。私が不調に陥っている際も、仲間も真剣にゴルフに向き合っていて同じ経験をしているからこそ、気持ちを理解して励ましてくれました。そのおかげで腐ることなく向上心を保ち続けられたと思います。

この経験から何事においても継続して真剣に向き合い、目の前の壁を超えるという繰り返しが上達や目標達成に繋がるのだということ、同じ目標に向かって努力する仲間の存在の大切さを知ることができました。

Q. あなたがどんな人かわかるように自己PRをご記入ください。(400文字以上600文字以内)

私の強みは手間がかかる仕事でも組織のためにやり通すことができることです。その力を発揮したのが、39団体が所属する体育会の本部会計局長として取り組んだ各部への金銭的援助です。

大学には大学側を説得できれば部活動において援助金がもらえる仕組みがあるのですが、私が会計局長になるまで本部は各部にしっかり通達しておらず、各部にも積極的に大学を説得しようという姿勢は見られませんでした。もったいないと感じた私は各部と大学側の仲介役に自分がなることで、より多くの部活に利用してもらい、部員が活動しやすい環境作りに貢献しようと考えました。

まず、各部に仕組みの便利さと手順を分かりやすく通知し、希望団体に活動状況や目標とともに、何をどのような理由で買いたいのか、丁寧にヒアリングしました。そしてそれをもとに私が大学に粘り強く交渉し、実際に気球部の球皮やボート部のオールなど、合計10団体、100万円ほどの援助を受けることができました。

感謝の言葉をくれた人もいて、自分も所属している体育会という組織に貢献する喜びを実感することができました。社会に出てからも、課題を見つけ解決のために努力することで、組織に貢献できると考えております。

## ソニー生命保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 生命保険の合格エントリーシート一覧を見る
## ボート部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓