【20卒】合格エントリーシート 東京海上日動火災保険(グローバルコース) 硬式野球

Q. 大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。(150文字以内)

1. 体育会硬式野球部の活動で、投手の球速を上げることを目標に設定し課題改善に尽力したこと。
2. 部活との両立の中で1年間続けた飲食店でのアルバイト。
3. 怪我をきっかけにベースコーチを経験し、3ヶ月という短い期間で外野手に挑戦したこと。

Q. 上記から1つ選んだ取り組みに関して、活動期間、役割、人数等具体的なイメージができるように内容を教えてください。(250文字以内)

私の野球部には4学年合わせて総勢160名の部員が所属しており、中でも投手は40名を占めている。

2016年の4月から活動を始め、今年の11月まで現役として野球に取り組む。役職は無く、選手として活動している。

Q. その取り組みの中で感じた課題や問題、および感じたきっかけ・背景について教えてください。また、その後どのような行動を取ったのかについても教えてください。(400文字以内)

入学当初から投手の球速が伸びないという問題をチームは抱えていた。その原因を考えた時に当時のチーム状況として、トレーナーが考えた練習メニューに対し文句を言う選手がチームの6割を占めていた。

私はこの部分に何か起因するものがあるのではと思い、身近なところから改善していくべきと考え「投手の球速が伸びないジンクスをなんとかしたい」という想いから選手の納得のいく練習メニューは何か考えた。

そこで私は各個人が考える効果的メニューの提出を求める事を投手リーダーに提案した。これに伴い、各個人に役割を持たせることで当事者意識が高まり責任感を持つようになった。結果、伸び悩んでいた各投手の球速が1km~2km上がった。

私はこの活動を通して、対策を立案し周囲を巻き込む力を発揮する事ができた。また気づきとして、誰かに指示されやらされる練習よりも、自ら能動的に取り組む方が確実に効果を生み出せることに気づくことができた。

Q. グローバルコース従業員として、東京海上日動で実現したいことを教えてください。(200文字以内)

シリコンバレーや新興国で駐在員として新たな保険需要を見つけ出し、新のビジネスモデル創造に貢献したい。

昨今の変化し続ける時代においてデジタル化により、貴社の利益の大半を占める自動車保険の保険需要が減少傾向にある。そこで私の強みである「状況適応能力」を駆使してお客様が気づいていないリスクに着目し、貴社の社員として貴社にしか提供できない独自の保険とは何か考え、新たな保険需要を生み出すきっかけになりたい。

## 東京海上日動火災保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓