【22卒】合格エントリーシート マイナビ バスケットボール

Q. 「人生で一番印象に残っている出来事」について記入してください。(200文字以内)

所属していたハンドボール部がリーグ戦で優勝が確定した試合の瞬間が最も印象に残っている。

部は前年のリーグ戦で全敗し、選手達の意見のすれ違いのために部内の雰囲気は険悪であった。しかし話し合いを重ねると全員が同じ方向を向き、練習に励むようになった。私はマネージャーとして練習中に声を出し選手の声を引き出すことで一体感を生むことに励んだ。試合では、選手達の努力の過程を思い出し、感動したため印象に残っている。

Q. あなたの特性をマイナビでどのように活かしたいかを記入してください。(200文字以内)

私はクライアント企業や紹介する人材の方と信頼関係を築き、私だからこそ獲得出来る案件を増やし貴社に貢献したい。

私の強みは他者の懐に容易に入る点である。これは、知り合いがいない学校に進学し、積極的に相手に心を開くことで友人を作ってきた経験で培われた。無条件に相手を信用することで自分への信用を得る。この強みを活かし、まず私自身を信頼していただくことで契約をしやすい心境を作り、案件獲得に繋げたいと考えている。

Q. 「あなたが輝いている瞬間の一枚」(要写真提出)について、補足コメントがあればご記入ください。(50文字以内)

優勝した際の写真である。同期部員で最後に残ったのがこの4人だった。私が一番泣いていた。

Q. ご自身に影響を与えた出来事について、幼少期から振り返り時系列で記入してください。ご自身の性格・キャラクター、周囲との関係性がわかるような出来事、クラブ・部活・サークルなど所属していた団体、アルバイトなどの勤務経験、など、その他なんでも結構ですので、あなたを知ることができる出来事を是非とも教えてください。

・長女として生まれる。
・4歳の時、妹が生まれる。姉として世話を焼く一方、自分より妹の方が周囲に可愛がられている気がして嫉妬していた。
・知り合いのいない小学校に入学。両親の心配をよそに友達を多く作り、現在も仲が良い親友が出来る。
・中学校で陸上部に入部。長距離を走り、帰宅後も父と走り込みをした。長距離を走る原動力は、「自分に負けたくない」という気持ちだった。
・高校は進学校に入学。道着に憧れ、空手部に初心者ながら入部。練習は厳しかったが、陸上部で鍛えた忍耐力を活かし練習に励んだ結果、初段に合格した。
・大学受験の際には、先生に難しいと言われながらも●●大学を志望する。自分の発揮できる力に制限をかけないよう、ネガティブな言葉は発さず、ポジティブな言葉で自分は出来ると信じ込ませた。
・大学入学後、今まで部活動で真剣に活動してきた経験から、大学でも真剣に部活がしたいと考えハンドボール部にマネージャーとして入部した。
・短期アルバイトで甲子園の売り子を経験する。体力的に厳しい仕事だったが、お客様に笑顔を褒められ自信に繋がった。
・大学二年生の秋、部員減少と活動場所消滅のため、ハンドボール部が廃部になる。自分の代で部を廃部にしたことを後悔している。
・廃部後、まだマネージャーとしての仕事をやり切れていないと感じ、友人に誘われ女子バスケットボール部のマネージャーになる。
・バスケットボール部では場を盛り上げる役だと自覚している。

## マイナビの合格エントリーシート一覧を見る
## 人材 / 教育の合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓