合格ES | 本選考 | 大阪ガス | ゼネラル/スペシャリストコース | 準硬式野球部 | 23卒

Q. 学生時代に力を入れたこと

部活動で他の投手との差別化を図り、1年時からリーグ戦出場を果たしたことです。私は高校時代、補欠だった経験から大学では試合に出て活躍したいと思っていました。

そこで、プロの投手の中でも1%しかいないアンダースローという投球スタイルを身につけることで出場機会を得ようと考えました。しかし、13年間上投げをしてきた中で、いきなり下投げにしてもストライクが入らず、周りに参考になる人もいませんでした。

この問題に対して、正しいフォームを身に付けることが大切だと考え「客観的な視点の取り入れ」と「下投げに適した体作り」に取り組みました。前者では、最低限の知識をYouTubeからインプットし、マネージャーによる動画撮影やチームメイトの助言をもとに感覚のズレを修正していきました。後者では、下投げは下半身にかなり負担がかかるため、最適な筋力トレーニングを行うことで短期間でのフォーム習得を目指しました。

その結果、投手15人中ベンチ入りできるのは4人という中、唯一1年時からリーグ戦出場を果たしました。この経験から、変化を恐れず挑戦することの重要性を学びました。

Q. 過去に集団で取り組んだこと

すでに登録済みなのでログインする