【21卒】合格エントリーシート 東日本高速道路(総合職) ゴルフ

Q. 弊社を志望された理由と入社後にやってみたいことをお聞かせ下さい。(400文字以下) 

地震や台風など様々な災害が発生する日本において人々の移動を支えたいと思いインフラ業界を志望しています。中でも東日本大震災の際の復旧の速さ、無料化の対応に憧れ貴社を志望いたします。

貴社では利用客の満足度の向上に取り組みたいです。現状では目的地に行くための交通手段の一つとして高速道路を利用する方が多いですが、週末にお子様連れのご家族が気軽に高速道路を利用して観光を行えるように私は新しく鉄道の定期券のようなカードを作り、サービスエリアを目的地とした観光を提案してみたいです。

豊かな自然を生かしたふれあい体験やスタンプラリー、地域の名産品を使った食事を楽しんで頂きたいです。 高速道路を利用して他の地域に気軽に足を運べ、様々な体験が行えることからお子様にとっては楽しみながら良い勉強になるのではないかと考えます。

こうした新しい取り組みを考え、利用客の満足度の向上を目指したいです。

Q. 学業面で、あなたが学生時代に最も力を入れて学んだ、又は学んでいる内容をお聞かせ下さい。 また、そこから得られた成果や、学んだことを弊社でどのように活かせるかをお聞かせ下さい。(500文字以下)

私は3年次に地質学や気候学などを学ぶ地理環境コースから自然文化ツーリズムコースに転コースし、「観光を科学する」というコーステーマの元、観光経済学や観光地誌学など観光にまつわる様々な分野を学んでおります。

2020年3月に観光まちづくり学研究室に所属が決定し、 私は中山間地域の古民家再生プロジェクトや温泉地のまちづくり計画など観光まちづくりに関する論文や企業・行政のホームページを研究しています。

特に私が一番力を入れて調べているのが外国人観光客の観光動向調査です。近年、訪日外国人観光客が急増しておりますが、訪日回数が多いほど地方部へ足を運ぶようになることが分かっております。また、交通費の割合のうち第三位にレンタカーが来ていることも分かっております。

貴社では私が研究している東日本各地の一般的にはあまり知られていない中山間地域のツアープランの作成や、成田空港や羽田空港に到着した外国人観光客がレンタカーで東日本各地に足を運ぶことを訴求するようなプランの 作成に生かせるのではないかと考えます。

Q. 学業面以外で、あなたが学生時代、又は卒業後に最も力を注いだ活動・取り組みをお聞かせ下さ い。また、そこから得られた成果や、ご自身が成長したと思う点をお聞かせ下さい。(500文字以下)

私が一番力を入れて取り組んだことはゴルフです。大学入学を機に新しいことを始めたいと考えゴルフ部に入部しました。

私が入部した頃のゴルフ部には監督やコーチがおらず、練習方法が確立されていませんでした。効果的な練習方法が分からないという課題に対し、練習方法を一人で決めて部員に強制しましたが、部員には反対され、数人が退部してしまいました。

私は部員とコミュニケーションを取らず一方的に押し付けてしまったことを反省し、部員と食事に行き親睦を深め、何度も全体ミーティングを重ね、部員のゴルフへの思いを理解し、信頼を得たあとに練習時にコーチを付けるという案を提案しました。

また、コーチによる指導を効率的に部内に広めるために、指導を受けた学生は内容を部内に共有する というルールを作りました。その結果、効果的な練習が行えるようになっただけではなく、部員同士の意思疎通がより深まるという副次的な効果も得ることができました。

最終的には私を含めた多くの部員のスコアが上がりました。また、協調性を持ち話し合いを進めることが出来るようになり主将として成長しました。

Q. 自由記入欄(自己PRなど)(500文字以下)

私の趣味は海外への一人旅です。私の学生時代最大のチャレンジは海外への一人旅です。

海外の街並みや宿泊施設に興味があり在学中にニュージーランド、フィリピン、台湾、オーストラリアの四か国を訪れました。フィリピンではマニラの中でも地域によって発展のスピードが異なることを体感しました。乗車した MRTでは中心部から離れるにつれて建物が低層になり、線路沿いから脇道に入ると道路が舗装されておらず、川の水は茶色く濁りごみが散乱していました。

一方、都市部では高級ホテルやショッピングセンターが立ち並び、日本とほとんど変わらない地域もありました。都市計画を行う際は線路沿いやまちの中心部だけでなく地域全体で行っていくべきであることを学びました。

また、ニュージーランドでは旅のハプニングを楽しみたいという思いから「ポケットWi-fiを持たずに10日間ニュージーランドを一人旅する」という目標を立てて一人旅に取り組みました。

スマートフォンが利用できる場所に限りがあり、事前に現地のことを調べることでより現地の観光に詳しくなりました。周りの風景や看板を目印にし、現地の方に直接聞くなどして目的地を目指すため普段とは違った冒険となりました。

## 東日本高速道路の合格エントリーシート一覧を見る
## 交通の合格エントリーシート一覧を見る
## ゴルフ部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓