【21卒】合格エントリーシート 成田国際空港 ラクロス

Q. これまで、自ら進んで困難な状況にチャレンジしたことはありますか?それはどのようなチャレンジだったのか、なぜチャレンジしたかの目的と、チャレンジの結果も併せて記入してください。(400文字以下) 

私はラクロス部にて部の課題であった『各自の意見が通りにくい風通しの悪い環境』を変えた事です。

1年生に対する技術指導などを主立って行う「育成」という役職を大学2年生の時に務めました。「育成」は2・3年生2人ずつ、4年生1人の5人の構成でした。技術指導はもちろん、育成内では1年生に最も近い2年生だからこそ出来る事を考えながら日々取り組みました。

部員が90名程いる中で、自分が1年生の時に部で意見を出し合う場がほぼ無く下級生の意見が上級生に通りにくいと感じていた事があり、自分が「育成」に就任した時にその課題を改善しようと決意しました。

具体的には、1. 意見を通りやすくするために育成と1年生の個人面談を年に3回行う、2. 1年生内でミーティングを定期的に開催し、出た意見を全員に共有してもらうという取り組みを行いました。その意見を幹部に伝える事で部として下級生の意見が前より通りやすい組織にすることができました。

Q. NAAに入って「取り組んでみたい仕事」を志望動機を踏まえて記入してください。(400文字以下)

私が取り組んでみたい仕事は、『お客様にまた使いたいと思っていただけるような空港内のシステムの企画・導入』です。

私の就活の軸の一つに「多くの人や企業が便利で豊かな生活を送れる価値を提供する」ことがあります。国内外のお客様を迎える空港はまさにその価値を提供する場があると考えます。

中でも貴社は、国内において最大規模の世界と日本を結ぶ玄関です。そのような場所でなら、世界を含めた多くの人に影響を与えることができると考え、志望させていただきました。

また、空港の維持と発展のため設計から運用まで全てを自前で手掛ける貴社の高い技術力に魅力を感じました。
安全面ではもちろんのこと、快適さを感じてもらえるサービスを提供できるようにシステム面で支えていきたいと考えております。

そして、世界の中でも、様々な人から選ばれる空港にするために安全と快適さをITの力で追求していきたいと思っております。

Q. 大学時代の研究テーマ、あるいは力を入れて学んでいることについて、分かりやすく説明してください。(400文字以下)

私が力を入れて学んでいることは、全体最適を目指す経営管理手法であるサプライチェーンマネジメントと呼ばれる『ロジスティクス工学』です。4年次からの研究室配属でも、このテーマを志望しています。この分野は空港や航空に深く密接のある事だと感じ、それをきっかけに空港におけるシステムに興味を持ちました。

例えば、何百とある便の発着到着時間のスケジュール管理を最小費用流問題として扱えたり、乗り換え空港となるハブ空港の配置を数理最適化問題として解くことができます。

また、同じ分野内ではゲーム理論も学んでおります。これは合理的な主体の意思決定に対する相互作用の研究であり、他プレイヤーの戦略も含め自分の利益を最大にする戦略を行うための考え方です。

何かの意思決定を行うとき、「なんとなくこう思ったから」は通用しません。論理的な思考の方法を1つ、私は学ぶことができ、この思考方法はビジネスの場面でも活きてくると考えます。

## 成田国際空港の合格エントリーシート一覧を見る
## 交通の合格エントリーシート一覧を見る
## ラクロス部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓