【20卒】合格エントリーシート アサヒビール 硬式野球

Q. あなたがアサヒビールに入社したい理由と、実現したい夢を教えてください。(700文字以内)

私はビールというツールを利用して、「人々の挑戦を後押しできる人材」になりたい。

私は高校時、肘を怪我した事を機にプロ野球選手になるという夢を断念した経験から、私のように夢半ばで諦めてしまう人を少しでも減らしたいと考えている。

そういった中、ビールが生み出す効果は、普段話すことのできない踏み込んだ会話を可能にさせたり、腹を割って正面からぶつかり合えたりなど、さまざまなきっかけを提供できる。そんな力を秘めたビールを消費者にお届けし、何か心の中で躊躇している人の新たな挑戦のきっかけ作りに貢献できる事は私にとって大きなやりがいであり、そんなきっかけを提供できるビールを扱って働きたいと思っている。

とはいえ、ビール会社の社員が直接的に挑戦を促すことは困難である。しかし、貴社の目指される「お客様の期待を上回る価値創造と需要創造」を成し遂げるために「今お客様がどのようなビールを求めているのか」という部分を把握し、ニーズに見合ったビールを提供していく事で、アサヒのビールをより多くの方に選んで頂き、最終的にそのビールにより、新たな一歩を踏み出す勇気を創出できれば、間接的に挑戦を後押しできるのでないかと考える。

また私自身も大学の野球部でメンバー漏れを経験した際に、ビールの力によって気持ちをリスタートでき、原動力のきっかけとする事ができた経験があることから、ビールの秘めている偉大な力をもっと知って欲しいと感じるようになった。

中でも、ビール会社のリーディングカンパニーを担い、最も多くの消費者にビールを選んで頂いている貴社の一社員としてアサヒのビールを提供する事で「人々の挑戦を促すきっかけ作り」に貢献したい。

Q. チームで困難なことに直面したエピソードとそこから学んだことを教えてください。(700文字以内)

所属する硬式野球部において、投手の球速が伸びないという課題を抱えていた。そこで原因を考えた時に当時のチーム状況として、トレーナーが考えた練習メニューに対して「非効果的だ、目的が不明瞭だ」と文句を言う選手がチームの6割を占めていた。

私はこの部分に何か起因するものがあると思い、選手の納得のいく練習メニューは何か考え、各個人が考える効果的メニューの提出を求める事を投手リーダーに提案した。これに伴い、各個人に役割を持たせることで当事者意識が高まり、責任感を持つようになった。

ところが、練習メニューの提出を求めることで、多種多様な知識や経験から数多くの練習メニューが発案されたが、それと同時に40名いる投手に対し、それぞれの用途に適した練習メニューに取り組めないという問題が生じた。そ

こで当時役職は無かった私だったが、高校時代に投手リーダーをしていた経験から、チームに貢献できることはないかと考え、投手リーダーへ積極的に助言し、共に解決策を考えた。具体的な施策として、技巧派、総合能力派、パワー型の3グループに分けることで、体幹や柔軟性を重視する練習メニューや、瞬発力やスタミナを重視する練習メニューなど、それぞれの特化した能力をさらに強化し、磨けるような環境を整えた。

その結果、伸び悩んでいた各投手の球速がメニュー提出制度を導入後、1km~2kmアップした。私はこの活動を通して、対策を立案し周囲を巻き込む力を発揮する事ができた。また気づきとして、誰かに指示され、やらされる練習よりも、自ら能動的に取り組む方が確実に効果を生み出す事ができることに気づくことができた。

## アサヒビールの合格エントリーシート一覧を見る
## ビールメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓