【18卒】合格エントリーシート 昭和電工 ゴルフ

Q. あなたが学生時代にチャレンジしたことは何ですか。また、そこから何を得ましたか。(450文字以内)

「80台前半が出ない」大学2年時、ゴルフのスコアが伸び悩んでいた。

大学の練習場に毎日通っていたため、ショットの精度は向上していた。だが、コースに出るといつものスコア。「お前は練習場だと良いのにな」と部員に笑われるのが悔しかった。

そこで、なぜコースで力を発揮できないのかを分析するようにした。毎回コースを回った後、ミスしたことをノートに書いていくと共通点が見えてきた。終盤になるとバテてしまい、最後までプレーに集中できていなかったのだ。

それからは、体力をつけようと毎朝1時間走るようにした。すぐに効果は出なかった。だが、80台前半で回るという目標を達成するために努力を続けた。

半年後、スコアが徐々に良くなってきた。3年時の大会では選手として出場、83というスコアを出した。喜びで、手が震えていたのを今でも覚えている。

この経験で得た自信は、現在の私の土台となっている。困難に直面した際は、「自分に足りないもの」を第一に考え、最後までやり抜くようにしている。

Q. ゼミを履修している方は、ゼミの研究内容を、履修していない人は、大学で力を入れて研究してきた内容を教えてください。(300文字以内)

文化遺産は国家のアイデンティティであることから、武力紛争発生時において破壊の対象とされることが多い。

イスラム国戦闘員による「パルミラ遺跡」の意図的破壊が有名だろう。世界遺産条約による”危機遺産”の保護制度はある。しかしながら、紛争中の文化遺産を保護する法制度は十分に機能していない。この法制度に武力紛争法を適用できないかと考えた。

最近、国際刑事裁判所(ICC)が、文化遺産破壊を行った被告に対して禁錮9年の判決を言い渡した。

今後、個人への更なる厳罰化を進めることで、文化遺産破壊の抑止力となるのではと考えた。

Q. あなたの強みを教えてください。また、なぜそのように考えるのか、根拠なども示しながら記述ください。(150文字以内)

私の強みは、探究心が強い点である。

世界遺産が好きで、自分の目で本物を見たいと思っていた。大学2年時、ギリシャ・クレタ島のクノッソス宮殿を見て回ったことが思い出深い。

知識を極めようと、世界遺産検定2級を取得した。このように、すぐ行動する点も私の長所であると思う。

Q. あなたの弱みを教えてください。それを克服するために、工夫していることは何ですか。(150文字以内)

私の弱みは、純粋すぎる点である。感情移入しやすく、涙もろい。また、人を素直に信じてしまうことから、海外旅行ではだまされることが多かった。

少しは相手を疑ってみる姿勢も必要だと痛感した。

Q. あなたの目指す将来像や、頑張って成し遂げたい目標を、飾らずに教えてください。(プライベートなことでも構いません)(100文字以内)

最初は幅広く仕事に取り組み、そのなかで自分の得意分野を模索し専門性を高めていきたい。そして最終的には、国内外で社会に貢献していきたい。

## 昭和電工の合格エントリーシート一覧を見る
## 化学メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## ゴルフ部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓