【19卒】合格エントリーシート ジョンソン・エンド・ジョンソン 硬式野球

Q. 「世界最大級のヘルスケアカンパニー」としてのジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループへの志望動機を教えてください。(400文字以内)

「世界最大級のヘルスケアカンパニー」として、すべての顧客のために、日々新しいことに挑戦し、進化し続ける姿勢に魅力を感じ、志望致しました。

貴社は、日本法人として、日本の医療機関の課題やニーズをしっかりと把握した上で、日本向けにカスタマイズを行うなど、顧客の声に耳を傾け、提案を行い、日本の医療と患者を支えておられます。

私は常に患者を第一に考え、患者の健康のためにベストを尽くすMRとして、医療機器や医療医薬品の提案営業を行い、根幹から支えたいと考えています。

そのためには、常に革新的製品・サービスを提供し続けることが必要で、リーディングカンパニーとして革新的な製品を創造し、変革をもたらしてきた貴社でならば、それが可能であると考えています。

自分の働きで、世界に大きな影響を与えたいという憧れがあります。

Q. あなたがこれまでに主体的に「変化」を起こした経験について教えてください。(400文字以内)

私は、13年間野球を続けていて、大学でも体育会硬式野球部に所属しています。ここ最近チームが勝てず、低迷している状態が続いていて、士気や雰囲気が悪くなり、全体の練習意欲が低下していました。

組織で何かに取り組むことにおいて、士気や雰囲気は結果を左右するとても重要な要素です。私はこの重要な要素を良い方向に傾ける事ができるように、発言や行動を心がけようと考え、「変化」を起こしました。

具体的には、率先垂範の精神で自主練習を行ったり、呼びかけます。率先して行うことで、チームを鼓舞して良いムードを作り出しました。また、状況に応じてユーモアを利かせた冗談で場を盛り上げたりもしました。

その結果、今では全体練習後に自主練習を行うのが当たり前の風潮になり、チームも勝てるようになって、士気が上がってきました。

結果を出していくためには、ムードが大切だということを学びました。

Q. ジョンソン・エンド・ジョンソンの「Our Credo / 我が信条」を読んだ上で、あなた自身の「信条」「軸」「こだわり」などを教えてください。(400文字以内)

私は継続的な努力なしには何も成し遂げられないと考えています。この考えは大学の部活動の経験によって「信条」となりました。

大学の硬式野球部は、全国の強豪校から約150人もの選手が集まる非常にレベルの高い環境でした。その中で私は、「試合メンバーに選ばれて勝利に貢献する」という目標を立てて日々鍛錬してきました。

結果を出し、アピールするためには何ができるか試行錯誤しました。そこで、私の強みである打撃を強化し、誰にも負けない武器を作れば、試合メンバーに選ばれる可能性が大きいと考えました。

4時間の全体練習の後に1時間自主練習をすると決め、粘り強く努力を積み重ねました。その結果、チーム内で行われる紅白戦で首位打者を獲得し、試合メンバーに選ばれました。

目標に向かって努力を積み重ねる重要性と自分で決めたことを最後までやり通す精神力の重要性を学びました。

## ジョンソン・エンド・ジョンソンの合格エントリーシート一覧を見る
## 消費財 / 日用品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓