【19卒】合格エントリーシート ジョンソン・エンド・ジョンソン バスケットボール

Q. 「世界最大級のヘルスケアカンパニー」としてのジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループへの志望動機を教えてください。(400文字以内)

少子高齢化と医療費圧迫から医療業界の重要性が高まっている日本で、人の命や健康に直接関わるこの業界に大きく貢献したいと考えました。そして、私や家族自身、医療に幾度となく助けられたため、恩返しがしたいという思いもあります。

貴社にはタイレノール事件での対応の逸話が非常に印象的です。混入が発覚した時点であらゆる手段で注意を呼びかけ、回収にまわった事実に惹かれました。緊急時のマニュアルがなかったにかかわらず、早くにこの対応ができたのは顧客第一という経営理念の「Our Credo」を全社員大切にしている証拠であり、人間が持つべき温かみを兼ね備えていると感じました。

また、ヘルスケア商品・医薬品・医療機器を網羅している貴社でなら、患者と医療従事者により一層、最適な提案ができると考えました。

人の命に直接関わり、重大な責任を伴う医療現場で、自身の経験を元に、顧客の幸せを第一に考えられる仕事をしたく、貴社を志望いたしました。

Q. あなたがこれまでに主体的に「変化」を起こした経験について教えてください。(400文字以内)

男子バスケットボール部で唯一の最上級生である私が組織を改革した経験です。

私達には”体育館の使用時間が少ない”点と”選手一人一人の主体性が低い”という二点の問題点があると考えました。

解決策として『目標のミクロ化』『成果の見える化』『タスクの分散化』の3つを提案しました。

まず、毎月末にミーティングを開催し、月毎の目標を決め、それに対する練習メニューを考える為に討論します。

次に、筋力トレーニングやフリースロー確率を数字で見える様にし、自身の現状を理解し、競争意識を出す事。

最後は、選手それぞれに役割を振り分ける事によって責任感を与え、主体的に活動して貰うものです。それからは、選手の発言も増え、コーチと選手間で熱い討論が生まれ、より良い案が提案される様になりました。

この経験を通じて、”団体を動かす難しさ”と”一人では成し遂げられない事も周囲を巻き込む事で大きな成果を成し遂げられる事”を学びました。

Q. ジョンソン・エンド・ジョンソンの「Our Credo / 我が信条」を読んだ上で、あなた自身の「信条」「軸」「こだわり」などを教えてください。(400文字以内)

私の信条は、「何でも挑戦してみる事」です。

小学生時代には、三度カナダへ行き、ホームステイをしながら、サマースクールに通いました。全く言葉が通じない中、現地の生徒とコミュニケーションを図り、異文化に触れる事が刺激的で、新しい事に挑戦する楽しさを覚えました。

この経験がきっかけとなり、何でも挑戦してみる今の私がいます。

中学時代では、高校での長期留学を目標に掲げ、語学力を磨き、学校の留学コースに選抜され、アメリカ留学を実現させました。

また、大学では、学業と体育会男子バスケットボール部の活動を両立しながら、学生団体で意識調査を行い、ダブルスクールでカメラとグラフィックデザインを学びました。

新たな挑戦をする度に、そこで学んだ事や出会った人を通して、新たな価値観に出会う事ができます。型にはまらない考え方や、人々と多く共感できる人に成長したく、これからも新しい世界に飛び込み、挑戦する事を恐れません。

## ジョンソン・エンド・ジョンソンの合格エントリーシート一覧を見る
## 消費財 / 日用品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓