【19卒】合格エントリーシート 日本ロレアル バスケットボール

Q. 大学の専攻テーマを教えてください。(150文字以内)

マーケティングを中心に学び、ブランドマネジメントゼミに所属し実証的研究を行いました。

昨年は、パッケージなどに注目し、製品開発における購買行動基準を明確にする事で、さらにSTPを有効活用できると考え「緑茶飲料を用いたブランド名やデザインが味覚に及ぼす影響力」について研究しました。

Q. 人生(大学入学以降)で一番のチャレンジを、 「苦労した点」「工夫した点」「周囲をどのように巻き込んだか」「経験から得た学び」を含め教えてください。(700文字以内)

学生団体で、大学生のマナーに関する1,200名分の意識調査を行った経験です。

スマートフォンの普及が、マナー先進国と賞賛されている、日本の大学生のマナー意識にどのような変化を与えたかを、多様な視点から考察し、質問票の作成と収集を行いました。

活動を行う中で「メンバーのモチベーション」と「アンケート回収の効率」が課題となりました。

まず、殆どの学生が曖昧な気持ちで参加した為、タスクが一部の学生に偏ってしまい、結果、週一日の定例会では発言が減り、参加者は減少し、テーマや調査企画・設計が行き詰まってしまいました。

そして、参加大学6校で1,200名分のアンケートを1ヶ月以内に配布・回収する事は困難を極めました。

解決策として提案したのは「目的意識の改革による動機付け」と「成果の見える化」です。

“活動を終えた時に得るモノ”を明確にする事によってモチベーションが上がると考え、協調性・主体性・マーケティングの知識などを挙げ、本気で取り組む事で学べる事があると説きました。

また、アンケートの回収では、大学別に進行状況を毎日報告させ、競争心を起こす事で個人のモチベーションを向上させました。これらの働きかけにより、参加頻度も発言も少なかったメンバーが積極的に課題に取り組み始め、大学間の壁を超えて一体感が生まれました。

さらに、”六次の隔たり”という理論を適用し、回答者に5名紹介して貰う案を提案した結果、締め切りより1週間早く回収が終わり、有効票も1,000を超えました。

活動を経て「人の動機付け難しさ」「メンバーを動かす難しさ」を学びました。そして、調査を企画から一連を全て行い、「目標を達成しきる力」を身に付けました。

Q. あなたが最近気になっている、または今まで夢中になったもの・ことについて「興味を持った背景」「魅力」などを含め、ご自由にご記入ください。 (400文字以内)※化粧品に関連する事柄である必要はございません。

ファッション通販サイトZOZOTOWNの「おまかせ定期便」というサービスです。

リリースに関するニュース記事を読み、私が以前から抱えていた悩み「服選びに自信がない」「買いに行く機会がない」「通販では不安が多い」の三点を解消してくれる画期的なサービスであると感じました。

当サービスは、独自のアルゴリズムから専門のスタッフがコーディネートし、顧客は定期的に送られてきた中から気に入ったものを買うサービスです。これにより服を選ぶ時間の短縮、コーディネートの悩みが解消されます。

いつでもどこでも買える時代にメーカー側は新しい顧客接点を作りだすきっかけになり、消費者は経験財である衣類品を自宅で試着できる事によって店舗に出かける不効用を減らす事ができる為、このサービスはヒットすると考えました。

化粧品も衣類と同じように経験財で自己表現の一つです。このサービスを応用して、新しい顧客接点が作り出せるのではないかと思いました。

## 日本ロレアルの合格エントリーシート一覧を見る
## 消費財 / 日用品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓