【19卒】合格エントリーシート 京都銀行 準硬式野球

Q. 志望動機をご記入ください。(400文字以内)

私が貴行を志望する理由は2つあります。

1つは、「人間力」で勝負したいと考えるからです。15年間の野球生活で、礼儀・礼節や、仲間との信頼づくりに注力してきました。仲間から信頼を得たことによって、試合のターニングポイントで代打を任されたこともあります。

この経験から、「人間力」には自信があります。銀行とは目に見えない商品を提供するからこそ、人間力(人の良さや信頼関係)が求められます。京都を代表する貴行であればこの経験を最大限活かせると考えます。

もう1つは「自身の成長」が見込まれるからです。若いうちから中小企業の社長と話す機会が業務の中であることに魅力を感じました。社長という成功者のお話を直にお聞きできることは、自身の大きな成長に繋がると考えます。

また、教育研修制度が充実しており、人材育成に力をいれている貴行なら、会社とともに自身も成長し続けることができると考え志望致しました。

Q. あなたが壁にぶつかりながらも成し遂げたことはなんですか?どのように乗り越えたかも含めて具体的に教えてください。(600文字以内)

準硬式野球部においてベンチ入りメンバーを勝ち取り、関西制覇した経験が物語ります。

昨年秋のリーグ戦で優勝し、関西選手権への出場を果たしました。しかし私は、秋のリーグ戦直前に極度の打撃不振に陥り、ベンチ入りメンバーから外れてしまいました。チームに対してスタンドから声援を送ることしかできない自分に対しての苛立ちや、自分がグラウンドでプレーできない悔しさしかありませんでした。

さらに、例年、リーグ戦と関西選手権はほとんど同じメンバーで挑んでいたのでメンバー入りは絶望的なものでした。しかし、どうしてもメンバー入りをあきらめることができませんでした。

そこで、メンバー練習のサポートの合間や自主練習の時間を使い、課題克服と更なる技術向上に努めました。課題克服のためにビデオを用いた打撃フォームのチェックや、同期・後輩関係なくアドバイスをもらいました。

また、1日500球の打ち込みを関西選手権までの2ヶ月間、毎日行いました。すると、練習試合3試合で打率6割の成績を残すことができ、関西選手権のベンチ入りメンバーを勝ち取りました。

そして、試合では代打として活躍し、チームの関西制覇に貢献することができました。

この経験から、目標達成に対する「貪欲さ」と「あきらめない気持ち」の大切さを身に付けることができました。また、この経験は今後、社会で大きな壁にぶつかった時に乗り越えて行ける自信にもなりました。

Q. あなたの夢は何ですか?その夢を実現するためにあなたが当行で挑戦したいことを具体的に教えてください。(600文字以内)

私の夢は「カッコイイ大人」になって、京都にマイホームを建てることです。

高校時代、野球部の顧問の先生を見て、「カッコイイ大人」になりたいと思いました。普段は日本史の先生として眠気が覚めるほど全力の気迫で授業を行い、成績で悩んだ時には正面から向き合ってくれました。部活になると技術指導だけでなく、私生活や取り組みに対して厳しい声を投げつけてくれました。

しかし、その厳しさの中には優しさと私に対する期待が込められていました。どんなことに対しても一生懸命に取り組む先生を見て、私も将来は何事にも真剣に取り組み、周囲から「カッコイイ」と思ってもらえる人間になりたいと思いました。

貴行が京都を代表する銀行として、地元地域から信頼を獲得しているのは、昔から京都の地に対して惜しみなく全力で向き合い、繁栄のために取り組んできたからであると考えます。地域社会の貢献に奉仕してきた先輩社員に揉まれながら「カッコイイ大人」になれるよう努めていきます。

また、大学生活を京都で過ごしたことによって、京都という地が大好きになりました。四季によって姿を豹変させる観光名所や、祇園祭などの受け継がれる伝統文化など、ほかの県には無い魅力がたくさんあるように感じます。

その京都ならではの魅力を、未来へと受け継ぐための懸け橋となれるよう業務を全うしていきます。そして、魅力あふれる京都でマイホームを建てて、幸せな家庭を築きたいと考えています。

## 京都銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 準硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓