【18卒】合格エントリーシート 花王 サッカー

Q. 進路の選択肢が様々ある中で企業への就職を選択され、花王にご応募いただきました。きっかけは人それぞれだと思いますが、数ある企業の中でどうして花王へご応募いただいたのか、教えてください。(300文字以内)

私は大学に入学すると同時に、親元を離れ一人暮らしを始めました。その際に貴社の製品である「ウルトラアタックNeo」を使い始めたことが、貴社を知ったきっかけです。

貴社は「花王ウェイ」を基軸に、お客さま本位を大切に、事業活動をされています。そして、「よきモノづくり」を通して、笑顔を提供したい強い想いがあるからこそ、全社全部門が1つに繋がり、お客様の為に最善を尽くせる環境が貴社にはあると感じました。

私自身、16年間続けているサッカーを通して、人と人との繋がりの大切さ、相手を思いやり「考動」することの大切さ学びました。

貴社であれば、繋がりの大切さを感じながら、成長し続けられると確信したので、志望しました。

Q. 花王には『花王ウェイ』という企業理念があります。『花王ウェイ』の中で一番共感した点やこころに残った言葉は何でしょうか?それはきっと、その言葉がご自身の経験、考え方とどこかで通じ合うものがあるからだと思います。あなたの経験も含め、あなたの言葉で教えてください。(300文字以内)

「個の尊重とチームワーク」これが私が花王ウェイの中で一番共感した言葉です!

私自身16年間続けているサッカーを通じて、この考え方を大切にしてきました。チームを良くするためには、コミュニケーションが必要だと考えます。その際、個人の意見は非常に重要ですが、私は聞く態度として、相手の意見を尊重し最初から反論の意で聞かずに理解しようとしました。

また私の意見をチームメイトに伝える場合は、はっきりと分かりやすく伝えることを心がけました。そしてこの考え方をチームメイトに提案し、意見を擦り合わせてきました。その結果、チーム力が向上し、全国大会に出場することができました。

Q. 花王で今後、どのような仕事にチャレンジしたいですか?どのように取り組みたいかも踏まえて、具体的に教えてください。(300文字以内)

私は貴社の製品を、営業を通じて多くの人に広め、win-winの関係を構築し、貴社の「ファン」を増やしたいと考えています。「ファン」を増やすために、お客様とコミュニケーションを取り続けます。

体育会サッカー部で私自身、コミュニケーションを取ることの重要性をひしひしと感じました。チームをより一丸にするため、「日本一」という目標を成し遂げるためには、この取り組みは絶対にプラスになると何度も話し合いました。そして主体的に考動し、賛同してくれる仲間が増え、実施するに至りました。

貴社においても、この強みを活かし、「自分」というブランドを売り込み、貢献していく自信しかありません!

Q. ここ数年で自ら設定した一番大きな目標や課題はどのようなものでしたか?そのゴールに向けてどのように考え、どう取り組んできたのか具体的に教えてください。(600文字以内)

「全国的にも強豪の大学での公式戦出場」です。

私は、部員200人を超える体育会サッカー部の中で公式戦に出るための「考動」をしてきました!公式戦に出るために、今何をすべきなのかを考え、行動に移すという努力を継続してきました。

中学、高校はチームの主力としてほとんどの公式戦に出場していましたが、大学に入学してからは、なかなか公式戦の出場機会が与えられず、辛く、苦しい日々が続きました。しかし、「負けず嫌い」という自分の性格から、周りや環境のせいにするのではなく、努力を継続してきました。

そこで、分析・計画的に行動することが得意な私は、自分には何が足りないのかを明確にしようと考え、練習試合をビデオに撮り、繰り返し見て分析をしました。その結果、シュート精度とフィジカル面に課題があることが判明しました。

私は、毎日の全体練習後に、シュート練習を利き足の右足だけでなく両足50本ずつと決め自主練を行いました。また授業の合間を縫って週に3度筋トレルームに通い、フィジカル面も強化しました。自分の欠点と徹底的に向き合うことで、自身が出場した試合で14ゴールを記録することができました。

私はこの経験から、「粘り強く努力を継続すること」の大切さを学びました。貴社で働くに当たり、この「努力」を念頭に、どんな苦難があろうとも解決策を考え続け貴社を引っ張る存在になってみせます。

Q. あなたの「これだけは譲れない」、「こだわりのあるモノ」、「こだわっているコト」は
ありますか?それにまつわるエピソードを教えてください。(300文字以内)

サッカーの「スパイク」です。

私は、サッカーの試合は自分を表現できる最高の舞台だと考えています。そんな環境で、自身のパフォーマンスを最大限に引き出してくれるのがスパイクです。そして、私はスパイクを「モノ」ではなく、換えの利かない「相棒」として非常に大切にしています。

また私は、デザインや格好良さで選ぶのではなく、どれだけ私の足に合うかで考えているため、中学3年の時に出会ったスパイクと同じ種類のものを今でも履いています。そして試合前にいつもスパイクに「今日も頼む」と心の中で語りかけています。

私にとってスパイクはそれくらい何か底知れぬパワーがある存在です。だからこそ、スパイクには相当こだわっています。

Q. その他、伝えきれなかった想いや、PRしたいこと等がありましたら教えてください。(※任意)(300文字以内)

私は、香川県の高校でサッカー部に所属していました。現在所属するサッカー部のように強豪校ではなかったので、週2日しかグラウンドが使用できず、さらに同学年は10数人、全学年合わせても50人ほどで、決して環境に恵まれていませんでした。チーム内の競争も激しさはなく、全国で勝利という目標も遠いものでした。

そこで、私は人数の少なさをプラスに考え、チーム力を高めるために全員参加のミーティングを行い、また選手自身で練習メニューを考え実施しました。これらを続けた結果、2年連続インターハイに出場し、全国大会で勝利を掴みました。自分たちの弱みを強みに変えることで、私自身もチームも成長することができました。

Q. 研究内容、もしくはこれまでの学生生活で一番面白いと思った授業とその理由について教えてください。(300文字以内)

ゼミのテーマは「企業のCSR」です。企業が行うCSRやその活動について、企業のCSRレポートを読み解き、研究しています。

そして週に1度、経団連に所属する企業をお招きして、ディスカッションを行い、CSR活動に関して学生目線での提言や質問を行いました。その際の学生目線での提言は、企業にとって実現性が低く、費用的にも厳しいため、実現性が低いものでした。

そこで私は、お客様の視点に立った提案が重要であると学びました。また企業がCSRを行うことで、ステークホルダーに影響を与え、企業自身にも、単に負担になるものではなく、長期的に見れば、価値を生み出すことを学びました。

## 花王の合格エントリーシート一覧を見る
## 消費財 / 日用品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓