富士フイルム 合格ES 19

Q. 大学及び大学院時代で、一番力を入れて取り組んだことは何ですか?その取り組んだ内容について、どのような「想い」を持って取り組んだか、その想いの実現に向けてどのように行動したかや、取り組みの結果を踏まえて、お書きください。(400文字以内)

体育会ヨット部での活動における【初心者からのレギュラー獲得】である。

経験者が9割以上の強豪校でのレギュラー獲得のために2つのことに尽力した。1つ目に、レギュラー選定基準からの逆算だ。選定基準として、個人技術の他に「ペアとの相性」が重要視されることに着目し、他部員との相性を伸ばすことに注力した。「最も一緒に乗りやすい選手」を目標に、その期間のペアと毎回の練習で良い点と悪い点、気付きと次回の課題の4項目に分けて反省をした。

2つ目に、練習量の差別化である。経験は数をこなすことでしか身に付かない。だからこそ他の選手が平均週2回参加する平日の練習に週4回参加し、コーチを自ら呼んでスキルアップにつなげた。この努力は身を結び、レギュラー獲得を成し遂げた。

また、国体にも出場し、オリンピック強化推薦選手として練習することができた。この経験から、チャレンジ精神と効率的に順序立てた地道な努力の大切さを学んだ。

Q. 今までに直面した一番大きな困難は何ですか?その困難をどのように乗り越えたかや、その経験を通して何を学んだかを踏まえてお書きください。

すでに登録済みなのでログインする