【19卒】合格エントリーシート コマツ カヌー

Q. 研究テーマ、ゼミ、科目を選んだ理由を記入してください。(300文字以内)

私がゼミで研究しているテーマは、行動経済学です。この学問は、人の行動を数理的なモデルで予測することを目的としています。具体的なモデルを挙げると、「学生が今日やれる宿題を明日に回してしまうのはなぜか」というものがあります。

私がこの学問を選んだ理由は「人の感情を数学で表そうとする」ところに興味を持ったからです。私は●●大学の経営学部に入るときに、人の行動を理解し、コントロールできるようになりたいという目標を持っていました。

その中で、従来の経済学では「わからない」もしくは「存在しない」とされていた感情を突き詰めていくことは、私にとって大変魅力的に映りました。

Q. 第一希望の職種を選択した理由を記入してください。(150文字以内)

選択した職種:人事

私が人事職を希望する理由は、幅広い人と関わりその良さを引き出せる職だと考えたからです。

モノづくりで最も競争力を生み出すのは人的資源です。人事として幅広く能力や技術を引き出すことは、企業の力を高めていくことに近いです。

私はこのように企業の力を支えていくことにやりがいを持てると考え希望しています。

Q. あなたの会社選びの基準・軸を記入してください。(300文字以内)

私は「替えのきかない」ものを、事務系や技術系が一丸となって造りだせる、ということを軸にしています。

まず替えのきかないものを希望する理由について述べます。自分の会社でしか提供できない製品を売ることは、すなわち顧客の要望から逃げることができないということです。私はこの責任感の重い事業に生涯をかけて関わっていきたいと思っています。

そしてその中でも、技術系の方と密接に協力できる環境で働けるようになりたいと考えています。この理由は、現場と事務職の距離が近ければ目指す方針も近くなると考えたからです。一つの方針に向かってモノを造るダイナミックさは、私にとって重要な要素です。

Q. 学生時代に目標を持って取り組んだことを記入してください。(30文字以内)

私が学生時代取り組んだことは、学生寮の自治会活動です。

Q. その目標に取り組んだ理由・目的を記入してください(200文字以内)

私の寮は厳格な自治寮として知られていました。

私は自治会長として、この寮の問題である「”学生と自治会との距離が遠いこと”を解決する」という目標を立てました。

この理由は、この距離が「自治会はやってほしいことをわかってない」と言われることの表れと思い無念に感じたからです。

自分たちの活動が空回りしていることは問題であると判断しました。これをきっかけにして、寮生が本当に変えて欲しいことを叶えるために行動しました。

Q. 目標達成の為に工夫・実践したことを記入してください。(400文字以内)

まず初めに工夫したことは、寮生の要望を詳細に聞き出し把握することです。具体的には、全寮生対象のアンケートを行うことや、要望や苦情を受け付けるアドレスを作ることを行いました。これにより本当のニーズを知ることができることに加え、自治会と寮生が意見を共有することができるようになりました。

その後、要望を受けて対策を話し合うことになりましたが、私は聞き手に回りアイデアを引き出すことに徹しました。この行動の理由は、自治会長としての伝統的な考え方よりも、幅広く新しい意見を集約することを優先したからです。

最終的には私が方針をまとめて、寮の伝統を変えていくことを決意しました。実践したうちの一つとして、寮生を拘束する前時代的な行事の一部を廃止することがあります。

これらの工夫で身についたことは、相手の求めているものを引き出すことと、それを果たすためなら伝統さえ変えていくという責任感です。

## コマツの合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## カヌー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓