【20卒】合格エントリーシート 京セラ(総合職) 硬式野球

Q. 弊社への応募の「きっかけ」を踏まえて、志望理由を教えてください。(400文字以内)

私が貴社を志望したきっかけとして、大学の硬式野球部で、レギュラーになれなかった悔しい経験があります。

私は、大学の硬式野球部でレギュラー奪取を目標に日々練習しています。しかし、レギュラーとして活躍できず、試合に出ないときには応援隊長としてスタンドの応援の指揮を執りました。この取り組みを監督から評価され、組織への貢献を実感できました。

しかし、その反面、社会では第一線で世の中に貢献したいと考えました。そこで、デジタル化の発展が著しい世の中で、ファインセラミックスという貴社ならではの技術を活かして、あらゆる産業の発展に貢献している貴社に惹かれました。

また、貴社には、世界No.1のシェアを誇る製品がありながらも、様々な分野の事業に取り組んでいることで、VUCAの時代においても、リスクの分散ができていると感じました。そのような強みのある貴社で、様々な産業の発展に貢献したいです。

Q. 学生時代に力を入れたことについて教えてください。(400文字以内)

底辺から始った硬式野球部での活動です。高校で補欠だった私は、甲子園常連校のレギュラーが集う大学でレギュラー奪取を決めました。入学後、周りとの差が打球の飛距離だと気付き、打球の飛距離とスイングの速さは比例することに着目し、スイングの速さを上げるため居残りで毎日、通常よりも長いバットで素振りを行いました。

次第に成果が出始めた時、足を負傷し、可能な努力が制限された中で効果的な方法を考え、以前は、筋肉が固くなり怪我をしやすくなると言われていたため、行ってこなかったウエイトトレーニングに挑戦しました。

その結果、3ヶ月後の2軍戦で1打席のチャンスをもらい、初のフェンス直撃のヒットを放ち、飛距離の伸びが評価され、その後1軍での試合出場ができました。

この経験から、逆境の中でも努力の幅を広げ成果に繋げられることを学びました。今後も、壁にぶつかったとしても、視野を広げて努力することで活躍したいです。

Q. あなたにとって1番の試練・挫折は何でしたか。また、それをどのように乗り越えたかを具体的に教えてください。(400文字以内)

高校時代、入部した野球部でレベルの高さに挫折しました。

中学校時代はエースとして、変化球と制球力を持ち味に、全国大会出場を果たしました。高校の野球部に入部後、同級生の投手15人中、ベンチ入りできる投手は3人という現実と、他の投手の球の速さに危機感を感じました。その危機感が故に、練習試合では、力任せな投球を続けてしまい、結果が出ない日々が続きました。

そんな時、ふと見ていたテレビで、球速は遅くとも、変化球を巧み使い、プロの打者を抑えている投手を見ました。これなら自分でもできるのではと考え、力任せの投球をやめ、長所の変化球と制球力を伸ばすべく、居残りで的を狙って変化球を毎日70球投げ込みました。

その結果、自分の代で、変化球と制球力を評価され、ピンチの火消し役としてベンチメンバーに入ることができました。この経験から、長所を伸ばし、チームの中での自分の役割を見つけることが大切であることを学びました。

Q. あなたと京セラの考え方の共通点を、上記経験を踏まえて具体的に教えてください。(400文字以内)

貴社の「アメーバ経営」と私が大切にしている考え方が重なると考えました。私は、「アメーバ経営」とは、全従業員が経営に参加し、個人がその持ち場で自分の力を最大限発揮することに重きを置く方針だと解釈しました。

私がこのように考えた背景に大学の野球部での経験があります。私はレギュラーを目指し、日々練習しています。しかし、現状レギュラーとして活躍できていません。その中で、組織に貢献する方法を模索し、応援隊長として応援の指揮を執ることを決めました。そこで、スタンドを盛り上げるために、時には一発ギャグ、独唱やダンスを行い、自分の方法で貢献しようとしました。

この取り組みを監督からも評価され、初めてプレー以外でチームに貢献できたと実感することができました。この経験から、自分の方法で存在意義を示すことが大切だと学びました。貴社でも、組織の中での自分の立場を考え、その立場で組織に対して貢献できるよう努力します。

## 京セラの合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓