【22卒】合格エントリーシート ローム 陸上競技

Q. 当社への志望動機を入力してください。(200文字以内)

国内外の製造業を支え、社会の今と未来に貢献したいと考えたからです。

現在、世界中で自動車の変革期の到来やコロナ禍による巣ごもり需要、デジタル化やIoT化によって半導体の需要が急速に高まっています。裏を返せば、半導体メーカー次第でそれら産業の歩みが止まってしまうと考えました。

故に私は、高品質の半導体を永続的に供給することを第一とする貴社でこそ、製造業の躍進を支え、未来に繋げる仕事ができると考えました。

Q. 職種志望理由を入力して下さい。(200文字以内)

様々な人と関わり合いながら、自分の提案によって社会を豊かにできる職種だと考えたからです。

私は陸上競技において、自分のために練習する環境から、チームのリーダーとして部員と共に活動する環境に変化したことで、人のことを考え人と共に取り組むことのやり甲斐と楽しさを知りました。

故に、国内外のお客様や技術者の方とも関わり、お客様のことを考え企画提案していける貴社の営業職こそ、私のやりたいことに重なりました。

Q. 今まで最も困難な目標に挑んだ経験を教えてください。その際、目標を達成するために、具体的にどのような行動をとりましたか。(400文字以内)

陸上競技において、2度連続で肉離れをし、歩くのも困難な状態から「翌年に自己ベストを更新する」という目標に向けて取り組んだ経験です。

私が工夫したことは「怪我を治した上で2度と再発させない」という中間目標を設定し、「初の試みに挑戦する」という意識を持ったことです。まず、身体について勉強することから始め、肉離れの原因は血液中の電解質の不足だと知りました。そこで、不足しがちなマグネシウムを含む海藻類や豆類を多く摂取するなど、食事の面からアプローチしました。

また、ネット上のプロ選手の動画を閲覧したり、強豪校との合同練習を企画することで様々な練習方法を収集し、そこから自分に最適な練習法を考案しました。その結果、翌年には自己ベストを4回更新し、3年経った現在でも怪我の再発は起きていません。

私は、自由な環境の大学でこそ、目標に向け初の試みを自分で考えて挑戦し、それを継続したことが結果に繋がったと考えます。

Q. あなたが社会にでる上で、克服しなければならない問題を、事例を踏まえて説明してください。(400文字以内)

私の課題は、苦手なこと・必要無いと感じたことを疎かにしてしまうことです。例えば小学生の頃は、学校行事などは積極的に取り組まず、やりたいことだけをやる子供でした。

この短所で最も大きな後悔は、高校時代に勉強を疎かにしてしまったことです。当時の私は、部活動に熱中しており、特に苦手な数学を中心に「部活動で活躍できれば勉強なんかどうでもいい」と考え、放置していました。その結果、受験勉強を始めた時には、国公立大学に行く道は諦めざるを得ず、●●大学へ合格したものの、かなりの苦労と後悔を経験しました。

大学では、学部での勉強を疎かにすることは無くなりましたが、TOEIC等の英語への取り組みや、アルバイトなど、もっと真剣に取り組んでいれば良かったと感じることは数多くあります。

故に社会人では、どんな些細なことにも真剣に取り組み、お客様のニーズを逃さず、ミスの無い仕事に繋げる意識を身に付けたいと考えます。

## ロームの合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓