【20卒】合格エントリーシート 日本ハム ラグビー

Q. 職種の志望理由をご記入ください。(150文字以内)

営業は私が持つスキルを最も活かしてチャレンジできる分野だと考えるからです。

体育会に所属し多くの先輩やOBの方々と接してきた中で磨いてきた、人の懐に入るスキルを活かし、お客様との信頼関係を築きます。その上でお客様の本音やニーズを聞き出し、常に新しい答えを提案し続けます。

Q. あなたの強みと弱みを教えてください。(300文字以内)

私の強みは「情熱と粘り強さ」です。14年間続けてきたラグビーでは、幾度となく挫折を味わってきました。特に、選手生命が危ぶまれた2度の大怪我からの復活は、ラグビーに対する熱い想いと、粘り強く毎日続けたリハビリの成果の賜物だと考えます。

一方、弱みは「他人に甘いこと」です。人に注意をすることをためらってしまいます。仲間の仕事量が足りていなくても、自分が補えば良いという考えで私が無理をしてしまうことがよくあります。しかし現在は、大学4年生になりチームの最高学年として、後輩の成長のためにもチームの成長のためにも、厳しいことを言うことを心がけています。

Q. 日本ハムの商品の中で一番好きな商品をご記入ください。(20文字以内)

チキチキボーン

Q. 上記をあげた理由をご記入ください。(300文字以内)

高校時代の思い出の味だからです。

ラグビー部に所属していたため、食べることもトレーニングでした。お弁当箱はタッパーで、お米2合が入っていました。この過酷なトレーニングを支えてくれたのがチキチキボーンです。毎日6個入っているのがルーティンで、この6個を少しずつ食べながらお米を減らしていきます。計算すると3年間で3,600個のチキチキボーンで1,200合のお米を平らげています。

「あなたはあなたの食べたものでできている」といった言葉がありますが、高校時代の私の身体はほぼチキチキボーンでできていたと言っても過言ではありません。身体を大きくできたのはこのチキチキボーンと、これを毎日のおかずに採用し続けた母親のおかげです。

Q. これまでにあなたが目標を持ち、積極的に挑戦したことについて教えてください。(500文字以内)

私が学生時代に目標を持って挑戦したことは体育会ラグビー部の活動です。

高校3年生の全国大会予選1週間前に大怪我をし、花園出場という8歳からの夢を絶たれました。悔しさを晴らすため、大学では1年生の頃からAチーム活躍するという目標を立て、厳しいリハビリを乗り越えました。

しかし、入学すると同じポジションには副将とユース日本代表の先輩がおり1年生の私が出場する余地はないかのように思われました。

私は「毎日の練習で必ず何か一つ挑戦すること」と「妥協しないこと」を徹底的に続けました。具体的には、Aチームで活躍する先輩と練習をして頂くことや、部員の誰よりも早くグラウンドに入り、練習の準備や自主練習を行いました。試合に出られない私が監督やコーチに気づいてもらうにはどうすればいいかと考えた結果の行動でした。その結果、1年生の6月からスタメンを勝ち取ることができ、現在も日々成長を感じています。

このように私は、学生時代のラグビーを通して、目標を立てて挑戦と努力をコツコツ積み重ねることで大きな成果を残せることを学びました。また、目標があるから向上心が生まれるのであって、この経験を社会に出ても活かして活躍します。

## 日本ハムの合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## ラグビー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシート一覧を見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓