【19卒】合格エントリーシート 富士通 硬式野球

Q. あなたが学生時代に力を入れたことを教えてください。※1つ以上、最大3つまでご回答ください。(30文字以内)

1. 硬式野球部で、自分で立てた目標を達成するために努力したこと。
2. ムードメーカーとして150名のチームの意識改革を行ったこと。
3. 日銀グランプリに応募し、チームで工夫を重ね合い戦ったこと。

Q. 学生時代の取り組みの中で、あなたが自信を持ってやり遂げたと言えるエピソードは何ですか?その背景と、あなた自身が取った行動、その結果をできるだけ具体的に記述してください。(400文字以上600文字以内)

13年間続けてきた野球です。大学では硬式野球部に入部し、全国の強豪校から約150人もの選手が集まる非常にレベルの高い環境で鍛錬してきました。

小学校から高校までは、私の未熟な実力でも常に試合に出場することができていました。ハイレベルな環境である大学では今まで以上に成長したいと考え、弱小校出身の自分がどこまで通用するのか挑戦したいと思い、「試合メンバーに選ばれて勝利に貢献する」という目標を掲げました。

結果を出し、アピールするために何ができるのかを日々試行錯誤しました。チームを分析した結果、私は何かに特化したエキスパートになれば、試合メンバーに選ばれる可能性が高いと考え、苦手分野の補強中心の練習から、私の強みである打撃力をより強化し、誰にも負けない武器を作るという練習に変更しました。

具体的には、4時間の全体練習後に毎日1時間自主練習をすると決め、自主的に速球を打ち込み、速球に目を慣らしました。長打力をつけ、打球の飛距離を伸ばすためにウエイトトレーニングも欠かさず行いました。

なかなか結果が出ず、間違ったことをしているのではないかと心が折れそうになることもありましたが、自分を信じて粘り強く努力した結果、チーム内で行われる紅白戦で首位打者を獲得し、試合メンバーに選ばれました。秋リーグでは1位優勝を目指します。

この経験から、目標に向かって貪欲に努力する精神力と継続力を身に着けることができました。

Q. あなたが富士通で挑戦したいことについてご記入ください。(400文字以上600文字以内)

私は貴社で、「ICTで社会の当たり前を支える」仕事に挑戦したいと考えています。

また、13年間野球を続けてきた経験から、個人で成果を上げるのではなく、チームワークを通じて、チームで成果を上げたいと思っております。

私は、大学で硬式野球部に所属しており、その中で、チーム全体を巻き込み、チームをより良くしていこうと下から支え、「当たり前」を作り、行動してきました。「当たり前」を作り出す難しさや達成感を感じ、なによりやりがいを感じてきました。

そこで、ICTという経済・社会活動に必要不可欠なサービスで世界中から必要とされており、今後もその需要を伸ばしていくことができる技術力やノウハウを備えておられる貴社を志望しております。

また、変化が激しい通信業界の中でも、常に変革に挑戦し続ける姿勢や企業理念に非常に共感しました。加えて、貴社はB to B、B to Cと二面の営業形態を持っておられ、その総合力からお客様や社会のことを第一に考えた行動ができる風土が備わっているように感じました。

そのようなチャレンジ精神溢れ、社会貢献を第一に考えておられる貴社で、営業としてお客様とサービスや製品を取引することによって、貴社の活躍のフィールドをさらに広げていきたいと考えています。私が野球で培った、泥臭く努力し周囲を巻き込んで目標達成を目指す姿勢で、貴社に貢献したいと思います。

## 富士通の合格エントリーシート一覧を見る
## ITメーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓