【19卒】合格エントリーシート IHI 硬式野球

Q. 卒業論文や学科 / 専攻の授業の中で、最も力を入れて学んでいるテーマについて概要をお書きください。(300文字以内)

3年生時に、日銀グランプリという日本銀行が大学などを対象に行っている小論文およびプレゼンテーションによるコンテストに取り組んだ必修授業です。

日銀グランプリとは学生が金融に関心を持ち、わが国の金融の現状と将来について、考えてもらうために開催されたものです。

私の班は世界で廃棄されている食材が大量にある事に観点を置き、どうにか解決できないかと試行錯誤した後、廃棄や売れ残り専門の会員制のスーパーを設立し、比較的安価な値段で提供するという案を提出しました。そうすることで、本来捨てられるはずだった商品が売れ、経済も動いていくだろうと考えたからです。

この授業から、多角的に物事を見る重要性を学びました。

Q. 学生時代に「やり抜いた」経験について、あなた自身の取り組みや工夫、役割、最終的な成果が分かるようにお書きください。(500文字以内)

13年間続けてきた野球です。大学では硬式野球部に入部し、全国の強豪校から約150人もの選手が集まる非常にレベルの高い環境で鍛錬してきました。

小学校から高校までは、私の未熟な実力でも常に試合に出場することができていました。

ハイレベルな環境である大学では今まで以上に成長したいと考え、弱小校出身の自分がどこまで通用するのか挑戦したいと思い、「試合メンバーに選ばれて勝利に貢献する」という目標を掲げました。

結果を出し、アピールするために何ができるのかを日々試行錯誤しました。私は何かに特化したエキスパートになれば、試合メンバーに選ばれる可能性が高いと考え、苦手分野の補強中心の練習から、私の強みである打撃力をより強化し、誰にも負けない武器を作るという練習に変更しました。

ですが、なかなか結果が出ず、間違ったことをしているのではないかと心が折れそうになることもありました。

しかし、自分を信じて粘り強く努力した結果、チーム内で行われる紅白戦で首位打者を獲得し、試合メンバーに選ばれました。秋リーグでは1位優勝を目指します。

この経験から、目標に向かって貪欲に努力する精神力と継続力を身に着けることができました。

Q. あなたがIHIで挑戦したいこと、実現したい夢や目標についてお書きください。興味ある事業や職種がある方は、それを踏まえてお書きください。(500文字以内)

私は貴社で、チームの一員として人々の暮らしの根底を支えられるような大きなプロジェクトを達成させることに挑戦したいと考えています。

私が今まで情熱を注いできた野球でも同じように感じていますが、自分の成果よりもチームとして成果を上げることにモチベーションを感じます。

また、私は困難なことがあったとしても妥協せずに泥臭く努力してきました。それは、今後がより良くなるように、今しんどい思いをしたとしても努力を積み重ねておきたいという思いがあったからです。

職種は主に営業で、お客様のもとに足を運んで、コミュニケーションを取り、最前線で今後の社会を開拓することに貢献していきたいと考えております。

学内説明会やi-Seminarに参加し、社員の方とお話させていただいた時に、若手の頃から非常に大きな仕事を任せてもらえるとお伺いしました。そのような風土の中で、世界中にイノベーションを起こすような機械の開発に携わりたいです。自分の働きで世界に大きな影響を与えたいという憧れがあります。

私が野球から学んだ、粘り強く努力し、熱い気持ちを持って周囲を巻き込んで目標達成にチャレンジしていく姿勢で、貴社に貢献したいと思います。

## IHIの合格エントリーシート一覧を見る
## 機械 / 造船重機メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓