IHI 合格ES 03

Q. 学生時代に「やり抜いた」経験について、あなた自身の取り組みや工夫、役割、最終的な成果が分かるようにお書きください。(500文字以内)

学生時代にやり抜いた経験は部活動です。

私は現在体育会バレーボール部に所属し、トレーナーとしてチームのフィジカル強化、コンディションを整えるアップの指導を一任されています。しかし唯一の一般入部だった私にとって、入部当初の試合への出場機会は乏しい状況でした。そのため、試合に出場するために私は取組み方変えていきました。

周りと同じことをするだけでは同じ成長しか描けません。目標を定め、達成するために逆算してプロセスを踏む、失敗したら課題を見つけ分析し改善する。これを継続することで自分の強み・弱みが明確になり、誰にも負けない機動力を磨くことで、次第に出場機会を増やすことができました。また今年度より最上級生となり、選手間の意見の食い違い、温度差といった障壁の改善に取り組んでいます。

最近ではレギュラーとベンチメンバーのモチベーションの差を課題に感じました。そこで私は毎試合、調子の良いベンチメンバーとレギュラーを全員の総意で入れ替えることを提案し、周りが見ている緊張感とレギュラーになる可能性が増えたことでモチベーションを上げることができました。そして私自身も組織をマネジメントする経験ができました。

Q. あなたがIHIで挑戦したいこと、実現したい夢や目標についてお書きください。興味ある事業や職種がある方は、それを踏まえてお書きください。(500文字以内)

すでに登録済みなのでログインする