東レ 合格ES 10

Q. あなたが自覚している自分自身の強みに近いものを以下から2つ選択し、それぞれについて学生時代の取り組みや経験から説明してください。(各全角350文字以内)
キーワード:『バイタリティ』『粘り強さ』『チャレンジ精神』『リーダーシップ』『チームワーク』『極限追求』『イノベーション』

選択したキーワード1:リーダーシップ

私は現在体育会バレーボール部に所属し、日々練習に打ち込んでいます。また今年度よりチームの幹部となり、選手間の意見の食い違いや練習への温度差といったチームの障壁を改善するために日々取り組んでいます。

最近では試合に出ることのできるレギュラーと、ベンチメンバーのモチベーションの差を課題に感じていました。そこで私は紅白戦毎に調子の良い選手ベンチメンバーとレギュラーを全員の総意の元、入れ替える機会を作ることを提案しました。これにより他の選手に見られているという緊張感やレギュラーになる可能性が増えたことでモチベーションの維持をベンチメンバー間で共有することができ、私自身も組織をマネジメントする経験ができました。

このように自分だけでなく、組織のために主体的に動くことで、御社を引っ張る人材になりたいです。

選択したキーワード2:チェレンジ精神

私のチャレンジ精神はバレーボールを通じて培われました。

現在も続けている部活動ですが、スポーツ推薦として入部したわけではありません。最初は中学高校と続けていたバレーボールをサークルで続けようと考えていましたが、さらに高いレベルでプレーがしてみたいと考え、部活動に挑戦することを決意しました。

入部当初は出場機会がほとんどない状況でしたが、私は取り組み方を変えていくことでこの状況を打開しました。明確な目標を設定しそれを達成するために逆算して新しいことに挑戦する、失敗したら課題を見つけもう一度別の方法で挑戦していく。これを継続していくことで、部で誰にも負けない分析力という武器を身につけ、次第に出場機会を増やすことができました。そしてチームの信頼を獲得し、今では幹部として新しい取り組みに挑戦しています。

Q. あなたが当社で挑戦したいこと、実現したいことを教えてください。(300文字以内)

すでに登録済みなのでログインする