東レ 合格ES 18

Q. あなたが自覚している自分自身の強みに近いものを以下から2つ選択し、それぞれについて学生時代の取り組みや経験から説明してください。(各全角350文字以内)
キーワード:『バイタリティ』『粘り強さ』『チャレンジ精神』『リーダーシップ』『チームワーク』『極限追求』『イノベーション』

選択したキーワード1:粘り強さ

私はチアリーダー部で活動しています。初心者の私にとって日々の練習は厳しく辛い事も沢山ありました。練習を重ねやっと完成し始めた新技でしたが、本番を意識した通し練習になると失敗するという壁にぶち当たりました。

そこで私は、練習中の自分の動画を家で何度も再生し、動画研究から成功と失敗の差や課題を見つけ、イメージを完璧にしてから練習に挑むという事を毎日続けました。更に、練習と本番の環境に一貫性を持たせる為、技をする前に意識する事を1つ声に出すというルーティーンを作りました。

これらの地道な意識と仲間の支えもあり、本番でも成功する事が出来ました。この経験は私に忍耐力を与えたと同時に、粘り強く頑張ることでチームに貢献し、影響を与えることが出来るのだと実感しました。

選択したキーワード2:リーダーシップ

私のリーダーシップが発揮できた経験は高校の文化祭の劇においてです。

高校1年時の文化祭はクラス内で参加意欲に温度差があり、私自身も積極的に参加できず悔いが残りました。そのため、高校2年時は文化祭をクラス全員の楽しい思い出にしたいと思い、全体の指揮を執る文化委員に立候補し、様々な工夫をしました。

まず、衣装班など班にリーダーを決めて、進捗状況や予算予定など情報を共有しやすくしました。他にも役割の有無でやる気の差が出ると思い、全員に役を与え皆の意見を取り入れ、全員で1つの劇を作ることを意識し続けました。

私の熱意が伝わったのか、クラスメイトは自主的に参加するようになり、劇は大成功を収め、最優秀賞を頂きました。このプロセスは大学の部活動でも役立ちました。

この様に私は目標達成に向けて工夫を施し、周りを動かす事が出来ます。

Q. あなたが当社で挑戦したいこと、実現したいことを教えてください。(300文字以内)

すでに登録済みなのでログインする