【22卒】合格ES 日本光電工業 応援団

Q. 学生時代に挑戦したことについて、取り組んだ理由、目標、自身の役割、その成果も含めて教えてください。(300文字以内)

応援団の団長として今までの伝統を大きく変えたことです。

応援団は伝統を重んじる組織ですが、伝統という言葉を言い訳にして何も考えずにただ毎年同じ事をしている性質があることに下級生の頃から疑問に感じていました。伝統改革という目標の下、受け継がれた伝統やルールを見直す為に団員150名全員と面談をしました。

面談の結果、初めは明確な目的の下に作られたルールだったにも関わらず、時代と共にルールのみが受け継がれ、それが組織への不信感に繋がっていたという事に気付きました。その後副団長と討議を重ね、無意味な伝統は無くし、意味のある伝統は明確な理由の下受け継ぐという事を全員に説明する事で組織の地盤を固めました。

Q. 上記の経験の中で、壁にぶつかった時どのように考えて行動し、成果に結びつけたか教えてください。(300文字以内)

すでに登録済みなのでログインする