【19卒】合格エントリーシート 中外製薬(MR職) 硬式野球

Q. 得意科目(50文字以内)

得意科目はスポーツ社会学です。スポーツが人々の生活にどのような影響を与えているのかを学んでいます。

Q. 体育活動(50文字以内)

体育会硬式野球部に所属し、2年生の春に正捕手として全日本大学選手権大会でベスト16まで進出しました。

Q. 趣味・特技(50文字以内)

趣味はドライブです。休日は車で遠出して気分転換しています。西は岡山、東は神奈川まで行きました。

Q. 今までの人生で、最も悔しかったことは何ですか?その経験から学んだことと合わせてお書きください。(300文字以内)

高校2年生の夏、甲子園に出場して初戦で敗退したことです。

私は正捕手として地方大会で優勝し、憧れの舞台に立ちました。しかし、甲子園ではチーム全体が緊張し初戦敗退となりました。

課題の残る試合となり、秋からは悔しさをバネに新しいチームを作り直しました。チームは一丸となり、春の選抜大会に出場しました。

前回の轍を踏むことのないよう、練習方法や試合に臨む心掛けなどを初出場の部員に伝えていきました。練習通り、平常心で挑めるようなチーム作りを心掛けました。

その結果選手全員が実力通りのプレーをすることができ、ベスト8まで進出することができました。

野球という競技を通して、組織として課題を解決する方法を学びました。

Q. ご自身の特徴を簡潔に表現してください。(20文字以内)

冷静な判断をし、的確な指示を出せること。

Q. ご自身の経験を踏まえた上で、社会で働くことを通じて実現したいことを教えてください。(300文字以内)

私は6歳から捕手として野球をプレーしてきました。捕手は「グラウンド上の監督」と言われるほど責任が大きなポジションです。試合では冷静に現場を把握し、状況に合わせて的確な指示を出すことを心掛けました。

予め準備してきた相手チームの各打者のデータと当日の状況の両方を把握し、的確な指示を送り出せるようになりました。

私は野球を通して、情報収集力と判断力、対応力を身につけました。

この経験を生かし、ドクターからの要望を的確に理解し、医療現場や患者さんの状況を把握しながら期待に応える情報提供を心がけます。

患者さんの病状が改善できるように医療情報を日々勉強し、MRとして患者さんの病状改善に貢献できるよう努めます。

Q. 当社への質問事項(もしありましたら記入してください。200文字以内)

4点あります。

1点目、御社の抱えている最も大きな経営課題は何ですか。

2点目、厚生労働省による薬価制度の抜本改定の影響について、御社はどのような影響を受けると考え、対策を取ろうとしているのですか。

3点目、国内製薬業界の中で御社が今後目指す位置はどのようなものですか。

4点目、個別化医療で特定の治療が行えるようになります。御社の商品群の中で独自の治療は賄えるのでしょうか。

## 中外製薬の合格エントリーシート一覧を見る
## 製薬メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓