【18卒】合格エントリーシート 博報堂 アメフト

Q. 学生時代に頑張ったこと/チャレンジしたことを、具体的なエピソードを交えて説明してください。

【設問1】タイトル(30文字以下)

チーム名「●●大学オレンジ!」

【設問2】設問1で回答したタイトルの具体的説明をしてください。(400文字以内)

学生時代に頑張ってきた事は、部活動だ。私は、マーケティングリーダーとして、部のブランド力を上げる活動、スポンサーを集めてファンを増やす活動をしている。

大学3年生までは、ただ試合の告知と結果をHPに投稿するのみであった。しかし、大学3年の秋に、新たにマーケティング部を立ち上げ、選手と兼任しながら、主にインスタグラムやFacebookといったSNSで、部活動の様子や出来事をUPしてきた。

より多くのファンを得るために、海外の大学を参考にし、フォローしている人が何をみたいか具体的に考え投稿してきた。結果、フォロワー数が2000人を超え、リーチも平均で1万~3万を記録しやりがいを感じている。

また、納会や新入生歓迎会、試合のハーフタイムショーなどのイベントを0から企画し、魅力ある部を作り上げることで、弊部に入部したい志願者が3月時点で、例年の2倍になり、サポートしてくれる企業も増え、毎日が充実している。

Q. あなたが博報堂/博報堂DYメディアパートナーズでチャレンジしたいことを教えて下さい。

私が貴社で挑戦したいことは、多種多様な人と出会い、刺激を得ることで、日本を豊かにするメッセージを、広告を通じて発信することです。

広告代理店の仕事は、クライアントが一生懸命作った製品やブランドを、TVCMや電車広告など、数あるメディアの中から取捨選択して宣伝することです。そこには、”アイディア+人間力”が大事です。アイディアは、突発的に浮かび上がるものではなく、これまでの知識や経験をアレンジして、新しいものを創り出していくものです。

また、広告代理店は、将来、統合マーケティング会社に変貌していきます。そのなかでも、貴社の理念である「粒ぞろいより、粒違い」の考え方は、自分と違った生き方、価値観、考え方をしてきた人と出会うことで、今まで自分の知らなかった新しい発見が生まれ、「わたし」という既存のモノに新しい色を付け加えられると感じました。

## 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズの合格エントリーシート一覧を見る
## 広告の合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓