【18卒】合格エントリーシート 富士フイルム 空手

Q. あなたの長所をご記入ください。(全角100文字以内)

結果主義。並外れた度胸。
スピード感に優れた、要領の良さがある。
常に目的意識を持つことで、自己成長を目指している。
多様性の容認と底知れぬ好奇心から、柔軟なアイディアを創造できる。

Q. あなたの短所をご記入ください。(全角100文字以内)

緊張感がない。冷めている時がある。
他人に期待をしない。自信過剰な部分がある。
予定を詰め込むので、ゆとりがない。

Q. 大学および大学院時代で、一番力を入れて取り組んだことは何ですか?その取り組んだ内容について、どのような「想い」を持って取り組んだか、その想いの実現に向けてどのように行動したかや、取り組みの結果を踏まえて、ご記入ださい。(400文字以内)

少数派の女子部員の練習環境は不十分であった。挑戦できるチャンスは平等にあるべきで、また、女子の技術が向上することで、部全体の活力が上がると考えた。そこで、誰もが「努力ができる」環境づくりが必要だと考えた。

まず、大会で実績を残すことで対外評価を得た。部内で女子部員も一人の選手と認知され、かつ、部外へ活躍のアピールをすることが可能となった。次に、指導者の育成。未経験者を選手へ育て、経験者を強化するのに、指導は欠かせない。そこで、先輩となることを見越して、一年生のうちに総本部研修へと出向き、道場の生徒への指導を通して実践的に指導方法を学んだ。

そして、広報活動。学校主催のイベントに積極的に参加することで、認知度をあげた。留学生体験会など、多様性を受け入れる姿勢を強めた。そして、SNSで情報発信をして、連絡を取りやすくした。結果、過去最多の女子部員が入部し、大会に挑戦している。

Q. 貴方が今までに直面した一番大きな困難は何ですか?その困難をどのように乗り越え、その経験は貴方の現在にどのように影響していますか?(全角300文字以内)

高校三年生の文化祭でクラス演劇の代表となった。最高のリーダーになろうと、全過程に携わった結果、寝る時間がなくなった。またクラスも、私抜きでは練習が進まない環境になった。

そこで、自分の持っていたリーダー像に疑問を抱いた。目標はクラスでの成功であり、リーダーの活躍ではないと目的意識のズレに気づき、軌道修正することにした。一人で作業を行えば効率が良く、一貫性のある仕事ができる。しかし、仕事を抱え過ぎて後回しになれば意味が無い。

そこで「仕事の分散」をすることで、グループ全体の仕事率を上げた。また、全てに完璧を求めていては時間内に仕上がらないので、優先順位をつけることで「妥協点」を探した。結果、舞台は無事終演した。

的確な指示を与えることで「チームワーク」が最大に発揮される。その為には完璧主義のワンマンになるだけでなく、メンバーを信頼して横並びで目標に向かうことも大切だと学んだ。

Q. あなたにとって、仕事とは何ですか? あなた自身が大切にしている価値観などを踏まえて、ご記入ください。(400文字以内)

仕事とは、個人が全世界へ挑戦するチャンスを獲得する場だと捉えている。組織で活動することで、個人の努力では届かない結果・成長が得られる。そこで、第一線のビジネスマンとなれば、生活・産業へ革新を起こし、利便性追求や新常識創造など様々な形で「社会貢献」が行えると考えている。

この「社会貢献」の為には、自己の確立が不可欠だと思っている。会社の経営基盤が確立され、技術・アイディアが秀でている時こそ、他者の役に立つための革新的な挑戦が出来るのではないか。

そのために、作業の効率化、利益の追求など事業強化のノウハウ、アイディアの柔軟性、他者視点でモノゴトを考えられる客観性、日々新しい知識を吸収できる好奇心と勤勉さが必要であり、これこそ開発技術を持たない私が社会に変革をもたらし、豊かな生活を「あたりまえ」として提供できる手段なのではないかと考えている。

## 富士フイルムの合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 空手部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓