【22卒】合格エントリーシート NTT西日本 準硬式野球

Q. 自己PR(400文字以内)

1年生の初めての秋季リーグ戦でレギュラーを勝ち取った。打率4割と良い結果を残していたが、第7戦目に怪我により戦線離脱。それからチームは3連敗し、順位は2位であった。個人的にもタイトル獲得の可能性が高かったため、自分が情けなく悔しい思いをした。また、愛ある攻撃を受けることで応援してくれる人の存在、メンバー外の想いを改めて実感する事ができた。

チームの代表として試合に出ているため、全員が納得プレーをする必要がある。半年間のリハビリ生活を送る中で、どんな形であれチームに貢献・サポートすることで自分の役割を再確認し、人との差別化を行う事ができた。アドバイスを積極的に求め、誰よりも自主練習を行い、自分に足りないところを重点的に行うことで効率の良いレベルアップを図った。そして再びレギュラーの座を掴み、「みんなのために」というスローガンのもと、見事春季リーグ戦でリーグ優勝を果たした。

Q. NTT西日本で実現したいことを教えてください。(400文字以内)

人々の豊かな暮らしを支えるために日々挑戦し、徹底したお客様目線でニーズに応え、顧客と企業の両方が満足するサービスを提供したい。

私は大阪北部地震を電車の中で経験し、最初に行ったことは友人の安否確認であった。電車の中で1時間以上取り残されたため、周りにいる全員がSNSを活用していたが、回線がパンクすることなく使用できた。通信基盤が整っていない地域であれば安否確認ができず何時間も不安であったと考える。

日本は災害の多い国であるため、確立した通信技術が必要であり、その最前線で活躍したい。貴社では国内最大規模の情報通信網を活かし、医療や介護でローカル5Gを活用し、通信不良改善や業務の効率化などに取り組みたいと考えている。

また独自の AI技術で社会が抱える超高齢社会という課題に向き合い、高齢者でも安心して暮らせるようお客様の声を積極的に取り入れ、人々の安全・安心の暮らしを支え地域の活性化に貢献したい。

## NTT西日本の合格エントリーシート一覧を見る
## 情報通信系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## 準硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓