【22卒】合格エントリーシート 阪急阪神ホールディングス 陸上競技

Q. チームで物事に取り組む上で大切だと思うことは何ですか?ご自身の経験を踏まえて教えてください。(400文字以下)

私が大切だと思うことは、「全員が真に納得して取り組むこと」です。陸上競技部でハードルパート長を務めた経験から強く感じました。

私が入学当初、ハードルパートは弱小で、部員が各自で習慣化している練習を別々に行っている状態でした。私はコミュニケーションを密にし、皆で練習を行うことにしました。同時に、互いにアドバイスし合うことを促し、個々の練習を分析しました。結果、各々のこだわりや課題が浮き彫りになりました。

その上で私は、各々が良いと思う練習の動画等を共有し提案できる雰囲気作りや、部員一人一人にヒアリングし、納得してもらった上で、追加すべき練習メニューの考案を行いました。その結果、ハードルパートは全員で練習するようになり、3人が自己ベストを更新し、賞レースの決勝にも複数人が残るようなチームとなりました。

故に私は、仕事でも各々のアイデアが活かされ「皆が真に納得」して行動できるチームが重要だと考えます。

Q. アフターコロナを見据えて当社が今後取り組むべきことについて、あなたなりの考えを教えて下さい。(400文字以下)

私の考えは、1. 沿線の更なる魅力の発掘、2. 更に快適な住環境の提案、の2つです。その理由はコロナ禍において、特にビジネスマン等の通勤重要がテレワークの普及により減少し、その傾向はコロナ禍以後も続く可能性が高いことです。

1では、これまでの通勤需要以外に、新しい形のレジャー需要の創出が重要だと考えます。貴社の「TOKK」のような取り組みを更に強化し、沿線の知られざる飲食店等のニッチな魅力の発信を行っていくことで、潜在的な需要を掘り起こせると考えます。

2でもテレワークの普及により、住環境に不満を持つ人が増加していることを踏まえ、貴社の開発してきた郊外の住宅地の価値を再創出です。開発から30~40年が経つ住宅地でも、世代交代を促すような取り組みや、インフラの再整備を行うことで、更なる沿線の活性化と鉄道需要の創出が可能だと考えました。

以上2つから、コロナ以後のニーズに適した、より豊かな沿線環境を提案します。

## 阪急阪神ホールディングスの合格エントリーシート一覧を見る
## 鉄道の合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓