【18卒】合格エントリーシート 東海旅客鉄道(JR東海) アメフト

Q. 大学での研究・ゼミ・授業等で学んだ内容について記入してください。

私が研究課題としているのは、「東南アジアを中心とした、世界の難民問題」です。

研究するきっかけは、テレビ番組でした。テレビ番組で、難民問題について放送しており、そこには、悲惨な生活が語られていました。この放送がきっかけで研究することにしました。

内容としては、難民の定義から始まり、難民問題の現状、原因、日本が行っている支援活動や解決策についてです。

Q. 当社への志望理由を記入してください。

「チームワークを大切にし、人に貢献できる仕事がしたい」という夢があります。貴社では、この夢を実現出来ると思い、志望しました。

理由としては、貴社では「日本の大動脈」を担い、社会基盤の発展に貢献されていることや、常に安全・安心のサービスをお客様へ提供することで、日本中の人々の生活に貢献されておられます。また、社員懇談会でお会いした全社員の方々が、目標達成に向け使命感を持っており、常に他人のことを思いやり行動していることに、大きな魅力を感じました。

私は、15年間チームスポーツをしてきた経験から、目標達成するためには、他人に対して思いやりを持ち、切磋琢磨をすることで、大きな力を発揮できることを学びました。そんな私にとって、貴社はこの環境があり、私の夢が実現出来ると思い、志望しました。

Q. 学生時代に最も打ち込んだことなど、自由に自己PRして下さい。

私が大学時代に最も打ち込んだことは、「チーム全員とコミュニケーションを取ること」です。

私は、体育会アメリカンフットボール部に所属しており、日本一を目指し、チーム一丸となり、日々精進してきました。私は、下級生の内から試合に出場することができ、上級生と会話することが多くありました。

一方、試合に出場することが出来ていない下級生は、あまり上級生と会話することが出来ていませんでした。そのため、上級生の考えが下級生に伝わっておらず、チーム全体が団結していないことに気が付きました。

そこで上級生になった私は、チーム全員とコミュニケーションを取ることにしました。コミュニケーションを取る中で、部活動の話だけでなく、勉強や恋愛といった私生活の話もするようにし、少しでも距離を縮めようとしました。距離を縮めた後に、上級生の考えや気持ちを伝えることにしました。

その結果、上級生の気持ちが、下級生にも伝わり、チーム全体が日本一という目標を達成するために団結することが出来ました。結果としては、秋に行われた関西学生1部リーグ戦で去年と同じ3位という順位になってしまいましたが、チームの指導者の方々から、「今までのチームの中で、一番まとまりのある良いチームだった」と言って下さりました。

私は、この経験から、チームで大きな目標を達成するためには、年齢を超えたコミュニケーションを行い、チーム全員が同じ方向を目指し、団結することが大切だと学びました。

## 東海旅客鉄道(JR東海)の合格エントリーシート一覧を見る
## 鉄道の合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓