【19卒】合格エントリーシート ヒルトン・リゾーツ・マーケティング・コーポレーション バスケットボール

Q. 志望動機

まず、私の軸の一つに「人々が心身ともに健康でいられる生活を提供する」事があります。身体が健康でいる事はもちろんの事、プライベートを楽しめて初めて充実している健康な人生をおくっていると言えると考えます。その上で、貴社のバケーションの新しい過ごし方の提案に大変共感しました。

タイムシェアのメリットはリーズナブルな価格で豪華な別荘に泊まれ、いつでも泊まれる様に維持されている事だと把握しています。そして貴社は世界的なブランドであるヒルトンを扱い、より一層お客様に充実した時間を提供できると考えています。

そして、営業で「私」という個人の魅力で勝負ができ、成果主義である貴社でなら高い目標に向かって日々自己成長し、貴社に貢献し、お客様に最適なバケーションプランを提案・提供できると考えました。

以上の二点からお客様に真の豊かな生活が提供できると考え、貴社を志望しました。

Q. 学生時代の経験で1番アピールできること

男子バスケットボール部で組織を改革した経験です。同期が辞めてしまい、現在、最上級生は私のみです。唯一の最上級生である私が後輩達に何か残さないといけないと考え、伝統を残しつつ、合理的な組織にしようと改革しました。

私達の部活には二点の問題点があると考えました。
1点目が、”体育館の使用時間が少ない”という外的要因です。
2点目が、”選手一人一人の主体性が低い”という内的要因でした。

解決策として『目標のミクロ化』『成果の見える化』『タスクの分散化』の3つを提案しました。まず、毎月末にミーティングを開催し、月毎の目標を決めます。それに対する練習メニューを考える為に討論します。次に、筋力トレーニングやフリースロー確率を数字で見える様にし、自身の現状を理解し、競争意識を出す事。最後は、選手それぞれに役割を振り分ける事によって責任感を与え、主体的に活動して貰うものです。それからは、選手の発言も増え、コーチと選手間で熱い討論が生まれ、より良い案が提案される様になりました。

この経験を通じて、”団体を動かす難しさ”と、”一人では成し遂げられない事も周囲を巻き込む事で大きな成果を成し遂げられる事”を学びました。

Q. 留学経験・海外旅行の経験

一年間の留学中、ホストファミリーとの信頼関係が崩れてしまった事がありました。彼らは子供達をアジア圏から養子にとっており、私達の文化を触れさせたかった為、私と中国人の留学生を同時に受け入れていました。しかし、言語の壁が大きかった事、文化の違いから、意見がすれ違う事も多くあり、ホストファミリーの家族間の雰囲気が悪くなってしまった時期がありました。

異文化交流・語学向上を目的に長期留学を決意したのにも関わらず、日本の文化を知って貰うはおろか、このままでは自己成長が図れないと危機感を覚え、自分から積極的にコミュニケーションを図りました。

また中国人の留学生にも、ホストファミリーとの関わり方や、文化の衝突の乗り越え方を話し合い、いかに家族の一員になる為の努力が大切なのかを説きました。すると、ホストファミリーとの距離が一気に縮まり、本当の家族として受け入れてくれ始め、会話が増えた事で、語学力が一気に向上しました。

留学を経て、語学力向上や異文化の理解は勿論、『会話のある所に信頼は生まれる』という事、問題の大小を問わず、早めにコミュニーケーションをとる事が、問題解決の一番の近道であるという事を学びました。

## ヒルトン・リゾーツ・マーケティング・コーポレーションの合格エントリーシート一覧を見る
## 旅行 / ホテルの合格エントリーシート一覧を見る
## バスケットボール部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓