東京海上日動火災保険(グローバルコース) 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. 筆記試験
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 3次面接
  6. 4次面接
  7. 最終面接

面接内容

1次面接

男性社員(50代)と30分程度の面接。千駄ヶ谷能力開発センターにて。個室で1対1で、じっくり学生時代に頑張ったことについて深掘りされます。

2次面接

男性社員(50代)と30分程度の面接。千駄ヶ谷能力開発センターにて。個室で1次面接同様、1対1です。2次面接では学生時代に頑張ったことの中でも周りを巻き込んだ経験について、かなり深く聞かれます。

3次面接

学生1人:面接官2人(男性社員(50代)と人事部の方)。面接前に30分程度で小論文を書きます。お題は時事問題で人によって違うみたいです。その後、広めの部屋で面接官2人と面接します。面接官との距離がかなり離れているので大きな声でハキハキと話すことを意識しました。生まれてから現在に至るまでかなり深掘りされます。

4次面接

人事部の男性(40代)と1時間程度の面接。千駄ヶ谷能力開発センターにて。個室で前回までの面接で聞かれたことを全てさらに深掘りされます。志望度も聞かれます。実質の最終面接のような気がしました。

最終面接

人事部の男性(30代)と30分程度の面接。千駄ヶ谷能力開発センターにて。事前に逆質問を用意してくるように電話で言われ、逆質問を7分間します。その後、なぜこの質問をしようと思ったかなど聞かれます。本当に入社する意思があるのか強く確認され、その場で握手です。今後他者の選考を一切受けないこと、選考中の企業を辞退する旨の書類にサインをして終わりです。

この企業に受かる人 / 落ちる人

嘘をつかず等身大で答えることが重要だと思いました。今までの人生でいくつか転機があったと思いますが、その時になぜこの行動を起こしたのかなどしっかりと自分の言葉で説明できれば大丈夫だと思います。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

サイトなどに頼らず、実際に自分の足で会社に出向き感じだことを大切にした方がいいと思います。

体育会就活生へのメッセージ

とにかく早めに始動した方がいいです。部活での経験はとても貴重なので、しっかりと面接官に伝えられるように準備しましょう。

## 東京海上日動火災保険の内定者選考レポート一覧を見る
## 損害保険の内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓