スズキ(国内営業職) 内定者選考レポート 01


選考ステップ

  1. エントリーシート提出
  2. SPI
  3. グループワーク
  4. 1次面接
  5. 最終面接

面接内容(以下Qが質問、Aが回答)

グループワーク

学生4人:社員1人。テーマ:「今後の自動車業界はどうなるかと記号としての改善策」。時間配分は、45分ディスカッション。その後、紙にまとめて、見せながら発表。進め方は、リーダーが人に振りながら進めていった、実際は時間を気にしながら自由に発言。私はこの企業の順位を踏まえたうえでの強みを生かして弱みをなくす提案、周りはとにかくグローバル化派。自分の案があまり採用されなかったが実質的にまとめたのは自分だった。企業がどの立場にいるのかをしっかり知っておくべき、元気よく話しかけやすい雰囲気を作ることが大事。

1次面接

男性社員(30代)の方との15分の面接。本社傍の歴史館館内にて。少々真面目な雰囲気。質問内容と回答は以下の通り。

Q. スズキに入りたい理由
A. 自分の経験をもとにグローバルに働きたい。
Q. 学生時代に頑張ったこと
A. 体育会で教育係を行ってきたこと。
Q. どう活躍したいか?
A. 国内営業から海外営業でも働く人材になりたい。
Q. なにか質問はありますか?(逆質問)
A. 面接官の人事という立場から当社のデメリットは?

最終面接

男性社員(30代)の方との15分の面接。本社傍の歴史館館内にて。とにかく明るく話しやすい雰囲気に自分から持っていくよう心がけた。少々雑談のような感じ。質問内容と回答は以下の通り。

Q. なぜ国内営業?
A. 海外営業志望で国内営業で地力をあげたい。
Q. 部活のチームの強さ。
A. それなりの強さでそこから話を広げる。
Q. ほかに内定もらってる業界。そこは内定が出たらどうするか?
A. 物流業界にもらっていたがメーカー志望で結果次第では断る。

この企業に受かる人 / 落ちる人

元気で話しやすく笑いを誘えるような明るい人。しっかり自分の考えを伝えることのできる人。

就活を通して役に立った書籍やサイト、セミナーやイベント

セミナーに入ったりしたがやはり早めから行動するべき。私は12月から様々な情報を取り入れていた。

役に立った書籍は、就職四季報 企業研究・インターンシップ版 2020年版(就職シリーズ)(東洋経済新報社)

体育会就活生へのメッセージ

就活の失敗談としては、もっと早くからエントリーシートを提出しておくべきだった。体育会というのは頑張ったことがあるというだけ、実際に受かるとは限らない。就職活動は部活動の周りの人から冷ややかな目で見られてでも行うべき。今も大切かもしれないが今後40年とどちらが大切か見誤らないように。

## スズキの内定者選考レポート一覧を見る
## 自動車 / 自動車部品メーカーの内定者選考レポート一覧を見る
## 全ての内定者選考レポートを見る

◎この内定者選考レポートがあなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓