【23卒】東京海上日動火災保険 インターン体験記 03

インターン体験概要

企業名 東京海上日動火災保険
職種 総合職
開催時期 2021年8月
開催日数 4日間
開催場所 オンライン
給与発生 なし
昼食(費)の支給 なし
交通費の支給 なし
インターン内での残業 あり。インターン内のグループワークが終わらなかったため、1時間ほどグループで残業。

インターン選考

ステップ1.ES提出
ステップ2.1次面接
ステップ3.2次面接

インターンのテーマ・内容


・テーマや課題
学生に保険を普及する方法を考えよう

・内容
6人ずつ部署に配属された後、まず初めにその部署の業務内容の紹介がありました。

その後、最終日のプレゼンのテーマが発表され、3人ずつに分かれてグループワークを行いました。

3日間グループワークが中心でしたが、様々な環境で働く社員の方の講話が複数回ありました。講和の最後には、質問時間が設けられていました。

最終日に1チーム15分間のプレゼンを行った後2、3人の社員さんから質問と講評を頂きました。

本選考優遇の有無・参加後の志望度変化など

・インターンで学べた業務内容
企画

・参加者への優遇有無
あり

・優遇内容
インターンに参加したうちの半数が優遇ルートに乗ることができる

・インターン参加後、志望度は上がった?下がった?
上がった

・志望度変化の理由
業務内容に詳しく触れることで、業務のイメージが湧いたから。社員さんの雰囲気が非常に良かったから。

・インターン参加後に社員や人事からの連絡(個別面談 / OBOG紹介 / 交流会など)はあったか
いいえ

・参加学生のレベル
高い

・そのように考える理由
全員積極的でコミュニケーション能力が高く、グループワークで話が詰まるということはなかった。また、プレゼン能力が高く、資料作成技術が高い学生が多かったから。

社員の雰囲気や対応

社員の方々は、私たちのワークに対して非常に親身になってくれて、些細なことでも的確なアドバイスをくれた。

社員の皆さんが共通して、物腰柔らかく親しみやすい印象を持った。また非常に幅広い業務を行っており、社会と深く関わった企業だということがわかった。

この企業のインターンを通して学んだこと

グループワークでの「Yes、and」の重要性です。グループワークを行う中でこの言葉を意識するだけで、議論が効率的に進み、チームメンバー全員が気持ちよくワークをすることが出来ると思います。

また自身のプレゼン能力の低さも実感しました。

この企業のインターンを受ける後輩へのアドバイス

この企業の選考は、自己分析が非常に重要です。細部まで深く過去を振り返る必要があると思います。

インターン中は、常に評価されているという意識を持つことが大切です。積極的に発言し、質問の機会があれば質問しましょう。

この企業のインターンで重視されていた点

コミュニケーション能力。人柄。

## 東京海上日動火災保険のインターン体験記一覧を見る
## 損害保険のインターン体験記一覧を見る
## 金融のインターン体験記一覧を見る
## 全てのインターン体験記を見る