【22卒】合格エントリーシート 鹿島建設 ボート

Q. 志望動機をご記入ください。(500文字以内)

チームで唯一無二のものを造り、多くの人に生活の快適さや感動する場を造る点に魅力を感じ、建設業界を志望する。

私は、大学でボート部のマネージャーとして、仲間やコーチ等、多くの人と協力して、強いチーム作りに取り組んできた。その中で、チームに貢献できる喜び、勝利した時に喜びを皆で共有する感動を経験した。この経験から、竣工に向けチームで取り組み、多くの人が感動する場を造る建設業の仕事を通じて、社会に貢献していきたいと考えている。

その中で貴社を志望する理由は次の2点である。第一は、「進取の精神」で新分野に挑戦し、業界を牽引してきた点である。前例に捉われることなく、非対面での新人勧誘活動など新たな取り組みに挑戦してきた部活動での経験から共通点を感じたからだ。

第二は、「現場第一主義」を掲げている点である。私は、ものづくりの最前線である現場で働く現場事務の仕事に魅力を感じているからだ。現場事務として、施工中の熱意や竣工時の達成感を感じられる環境で、部活動でチームをサポートしてきた経験を生かし、現場の方々に信頼される人間になりたいと考えている。そして、100年後の未来に残り続けるものづくりに挑戦していきたい。

Q. 学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たものをご記入ください。(500文字以内)

約100人が所属する体育会ボート部で、資金調達を目的とした広報活動に最も注力した。

日本一を目指す組織のマネージャーとして、私が資金不足に陥っていた部活動に最大限貢献できることは、資金調達だと考えたからだ。資金調達として取り組んだことは、未納者が多かったOB会費を増やすことだ。

私は、OBの方々が近年の活躍や状況を把握できていないことが、未納者が多い原因と考えた。そこで、OBの方々に直接アプローチが可能なメールでの広報活動を開始した。メール作成では、人を動かすためには「感情」と「論理」が必要だと考えた。「感情」の面では、試合結果にレース動画や写真を添付した。「論理」の面では、部員数の増加や資金不足という現状説明を詳細に記載した。

しかし、一部のOBの方から、「メールが分かりにくい」という厳しいご指摘をいただいた。そこで、ビジュアル面を工夫する等、読み手の立場に立ったメール作成に取り組んだ。その結果、OBの方々に現状をより知っていただくことができ、OB会費収入を昨年の1.7倍に増やすことができた。

この経験から、相手の立場にたって考える力とチームのために自ら考え行動する力を身につけることができた。

Q. 現在の研究内容を入力してください。(卒業論文・修士論文の内容等)(200文字以内)

欧州の政治や社会、文化に関し、幅広く研究している。今年度、私は「SDGsに関する日本と欧州諸国の比較」というテーマで学年末論文を執筆した。高い評価を得る北欧を中心とした欧州諸国に迫り、その要因について考察した。

SDGsは歴史や地理的要因から欧州諸国にとって有利ではあるものの、日本は環境教育やジェンダー平等をより推進していく必要があると学んだ。ゼミでの活動を通し多角的な視点から物事を捉える力を得た。

## 鹿島建設の合格エントリーシート一覧を見る
## 建設系企業の合格エントリーシート一覧を見る
## ボート部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓