【20卒】合格エントリーシート 京都銀行 硬式野球

Q. 志望動機をご記入ください。(300文字以内)

私が貴行を志望する理由は「人々の不安を取り除き、挑戦を支える公共性の高い仕事がしたい」と考えているからだ。

私は高校時代、肘を怪我した事を機にプロ野球選手になる夢を断念した。怪我の原因は怪我防止への対策不足だった。怪我を悔やんだ私はそれ以降、物事を進めるにあたり、ビジョンを事前に組み立て、対策しなければ気が済まなくなった。

そんな私にとって人々のきっかけとなる新たな提案をし、さらに付加価値をつけることで人々の挑戦を支え、後押しする銀行の仕事は私に大きなやりがいを与えてくれる。中でも地域に寄り添い、長い付き合いを大切に地域の稼ぐ力を創出されている貴行の精神に魅力を感じたため貴行を強く志望する。

Q. あなたが壁にぶつかりながらも成し遂げたことはなんですか?どのように乗り越えたかも含めて具体的に教えてください。(300文字以内)

私は高校2年生の頃からエース格として試合に出場していたが、甲子園の予選前に肘を怪我したことが原因で自分の生命線であったノビのある球が投げられなくなり、投手での出場の厳しさを自覚した。

そこで打開策を考えた私は、当時のチーム状況として外野のポジションが固定化されていなかったことから発想を転換させ、外野手としての出場を目指した。

その当時、外野手争いのライバルとなる選手が左打ちだった。左打ちは一般的に対左投手に対して安打率が低いので右打者である私が対左投手対策に注力するなど、そのライバルとなる選手の欠点を探し出し、差をつけた。

その結果、外野でのポジション争いを制し、レギュラーとして甲子園に出場できた。

Q. あなたの夢は何ですか?その夢を実現するためにあなたが当行で挑戦したいことを具体的に教えてください。(300文字以内)

私はスピーチ能力の優れた人材になりたい。

定年まで同一会社で働かなくなることが主流になりつつあるこの現代において、40年後の未来像を想像したときにどのようなビジネススキルがあればこの先有能かという点に重点を置かなければならないと考える。社内で自身の企画を報告する際、取引先に事業提案をする際、伝えたいことや聞き取りたいことを端的に話すことはビジネスの場において求められるスキルである。

この未来像の実現に向けて、広域型地方銀行である貴行の強みを活かしてベンチャー企業の支援に積極的に携わりたい。それと同時に、事業戦略パートナーとしてお客様に重要な事柄を正確かつ端的に伝える能力を身につけたいと考えている。

## 京都銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓