【20卒】合格エントリーシート 三井住友信託銀行 硬式野球

Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。(400字以内)

体育会硬式野球部としての活動である。

その中で投手の球速が伸びないという問題をチームは抱えていた。その原因を考えた時に当時のチーム状況として、トレーナーが考えた練習メニューに対し非効果的だ、目的が不明瞭であると文句を言う選手がチームの6割を占めていた。私はこの部分に何か起因するものがあると思い、選手の納得のいく練習メニューは何か考えた。

そこで私は各選手が思う効果的メニューの提出を求めることを投手リーダーに提案した。これに伴い、各選手に役割を持たせることで当事者意識が高まり責任感を持つようになった。その結果伸び悩んでいた各投手の球速がメニュー提出制度を導入後1km~2kmアップした。

私は、この活動を通して、対策を立案し、周囲を巻き込む力を発揮することができた。また学びとして、誰かに指示されやらされる練習より、自ら能動的に取り組む練習の方が確実に効果を生み出せることに気づくことができた。

Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。(200字以内)

高校入学と同時に寮生活が始まり、父からの野球の指導なしに不調を改善する事に苦労した。

以前まで調子を崩しても厚い信頼を寄せていた父からのアドバイスを基に修正していた私にとって、父のいない野球生活は困難な道程であった。しかし、指導者やチームメイトに自発的に悩みを自己開示し、課題を認識して、改善策を思考することで新たな発見を見つけることができた。

この経験により自らの力で能動的に改善に導く力を身につけた。

Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。(200字以内)

高校時の投手リーダーとしての役割にやりがいを感じた。

私は「人々の挑戦を支える仕事がしたい」と考えている。なぜなら高校2年時、肘を怪我した事を機にプロ野球選手になる夢を断念した経験から私のように夢半ばで諦めてしまう人を少しでも減らしたいと考えているからだ。

そんな中、投手の調子の確認からその選手の状況に適した練習メニューの提案まで寄り添ったサポートをする事が役目の投手リーダーは非常にやりがいを感じた。

## 三井住友信託銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓