【18卒】合格エントリーシート 三井住友海上火災保険(総合職) アメフト

Q. 困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験を教えてください。(300文字以内)

高校一年の冬に、関東有数の強豪校とアメフトの試合をしました。この試合で、これまでの自分の常識、技術がすべて否定されたかのような気持ちになりました。部活を辞めようとまで考えるほどのショックでした。

しかし、そんな試合のなかでも同期の活躍が目立ちそれに奮起され、もっとうまくなりたいという感情が湧いてきました。これを機に自分の中で考え方が変わりました。この時上には上がいる、その人たちのレベルに追いつき追い越せという気持ちをもち更なる努力をしようと決心しました。これ以降、常に向上心を持ち努力しました。その結果、高校最後の大会では関東大会に出場することが出来ました。

Q. 異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。(300文字以内)

大学2年生の時、部活で2学年上の先輩に影響を受けました。

これまでの私は、自分個人のレベルアップをして自分が活躍することだけを考えて練習していました。しかし先輩は、自分のレベルアップはもちろんのこと、いかにしてチームの勝利に貢献するかを日々考えて練習に取り組んでいました。この事を知ったときに、いかに自分の考え方が自己中心的であったかを思いました。先輩は練習中常に笑顔でチームを引っ張り、弱音は一切吐かず自分に厳しかったです。なぜそんなに頑張れるのかを聞くと、「みんなで勝つ喜びは最高だからな」と言っていました。今度は、私が後輩たちにこう言える先輩になろうと思った瞬間でした。

Q. 自ら学び考え、行動した経験を教えてください。(300文字以内)

私は、体育会アメフト部で主将を務めています。今年のチームの最大の課題は主体性を持つことです。

昨年は個々の主体性があまりありませんでした。今年は各人になぜそのようなプレーをしたのかを考えさせ、課題発見と克服に力をいれ、向上心を持ち行動しています。

さらに、今までの常識にとらわれない新たな試みをしました。下級生にも役職を与えチーム運営をするということです。具体的には、例年は副将を二人おいていましたが今年は1人しかおいていません。2人目を一定期間任命しています。4年生に限らず下級生からも選出する試みをしています。その結果、3年生の中からもチームを引っ張る選手が出てきました。

Q. 他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。(300文字以内)

主将としてチーム運営をするに当たって、就任当初は1人ですべてを抱え込んでいました。その結果業務連絡の不備や、学年内での情報共有が散漫になってしまい、円滑なチーム運営ができていませんでした。

これを境に、周りに上手く仕事を与えるようになりました。具体的には、ポジション毎にリーダーを置き各ポジションで練習メニューを作成させています。そして、集約した練習メニューのゴーサインを私が出すという方針に変えました。改善点が出たときはポジションリーダーとの話し合いをすることで解決しています。仕事を与えることで、一人一人が責任感をもつようになりより良いチーム運営が出来るようになりました。

Q. 三井住友海上を志望する理由を教えてください。(200文字以内)

貴社の説明会で、「お茶の間から宇宙まで、鉛筆からロケットまで」という事業フィールドの広さ、Amlin社を買収したことによる海外展開の可能性、将来性に非常に魅力を感じました。またセミナーで、1学生の質問に対して丁寧に包み隠さず答えてくださったり、社員同士の交流から、実際の職場の良さや社員同士の仲の良さを想像することが出来ました。そのため、この環境で働きたいと思いました。

## 三井住友海上火災保険の合格エントリーシート一覧を見る
## 損害保険の合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓