【20卒】合格エントリーシート デンソー サッカー

Q. 大学生活での大きなチャレンジ内容をご記入ください。

【設問1】目標をお答えください。(30文字以内)

チームのことに無関心な部員をなくし全員に関心を持たすこと。

【設問2】その目標に取り組んだ理由を教えてください。(200文字以内)

日本一を獲るためには、全員がチームのことを想い行動しなければならないと思ったからである。

●●大学体育会サッカー部はスター集団ではなく、個人のスキルだけを見れば、他大学に勝つことはできない。個で劣るチームは総合力で補うしかない。そのためには、フィールド上の11人だけでなく、ベンチメンバー、応援組、マネージャーが1つにまとまる必要があった。

【設問3】その目標を達成するために、どのように考え、行動しましたか?(300文字以内)

ここでの課題は部員が200人以上いるため、チームのことは誰かがやってくれるだろうという無責任な考えの人が多いことであった。

そこで、課題解決のために2つの取り組みを実施した。1つ目は積極的にコミュニケーションを取ることである。たわいもない話の中に、リーグに向けての真剣な気持ちを織り交ぜることで目標を共有し、方向性と意識の統一を目指した。2つ目は、メンバーの得意なプレーを発見し伝え、その分野の練習のリードを任せることである。自分にしかできない仕事や役割を示すことで、1人1人がチームに必要不可欠な存在であることを間接的に伝えた。

【設問4】結果はどうでしたか?また、得たものはありましたか?(150文字以内)

自分の役割が明確になることで、チームに関わる大切さを理解し、任された分野を中心に意見が出るようになり、少しずつ全員に責任感が生まれた。

ここで学んだことは自ら主体的に行動することで、現状はいくらでも変えることができるということである。

Q. あなたはゼミ・サークル等のグループの中で、どのような役割を担うことが多いですか。 また、その役割を発揮した具体的なエピソードをご記入ください。

【設問1】役割をお答えください。(30文字以内)

周りを巻き込むリーダー

【設問2】具体的エピソードをお答えください。 (300文字以内)

体育会サッカー部の学年を越えた関係作りに取り組んだ。入部当初、学年を越えて話すことはほとんどなく、同期で良い関係を築けばいいという風潮があった。

ここで私は2つのことに取り組んだ。1つ目は、自分から積極的に後輩に話しかけることである。私が先頭に立って学年の壁を壊し、周りを巻き込んだ。しかし、練習時間の関係で顔を合わす人が限られるという問題に直面した。

そこで、2つ目に取り組んだことは「ファミリー制度」(学年を越えた小規模の集団を作り、食事や娯楽などを通し深い関係を築く制度)の企画・導入である。初めは成果が上がらなかったが工夫を重ね、現在は学年関係なく会話の量が増え、チームとして一体感が生まれた。

Q. 専攻テーマをお答えください。(100文字以内)

裁判員制度、死刑、取り調べの可視化などの法にまつわる社会の問題について、日本の世論や法制度を諸外国と比較しながら、今後どうしていくべきなのかを研究。

## デンソーの合格エントリーシート一覧を見る
## 自動車 / 自動車部品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓