【22卒】合格エントリーシート 村田製作所 陸上競技

Q. ムラタで成し遂げたいことを希望職種の選択理由も踏まえて記載してください(600文字以内)

私が成し遂げたいことは、貴社の製品を通じて部品から完成品を進化させることです。その完成品が、お客様や社会に貢献し「文化の発展」を実現することを目指します。具体的には、貴社の長期ビジョンである自動車事業の拡大に携わり、CASE時代の新たなモビリティを顧客と共に実現することです。

私は貴社のティア2として部品を供給するだけでなく、ティア1やメーカーに直接提案し「文化の発展」を目指していく姿勢に魅力を感じ、営業職として携わりたいと考えました。営業職を志望する理由は、インターンシップで全社を巻き込む案件について体験し、営業は全てをまとめ、会社の代表としてお客様に直接関わることができると考えたからです。そして、社内外問わず様々な人と関わることで、あらゆる経験も積めると考えました。

更に、営業での経験を活かし生産管理職・SCMとして貴社を変革したいという思いもあります。理由は、製造工程の改善や物流の効率化などの業務で、社内から貴社を成長させることが出来る職種だと考えたからです。

私は、貴社の強みである技術力や供給力、お客様からの信頼は、これらの職種によって支え、強化されているものだと考えました。同時に、SCMを初め新たな成長に向けた企業戦略も行っていける職種だと考えます。

故に私はまずは営業職として成長し、その経験を活かして生産管理・SCMとして、部品から完成品を進化させる仕事を目指します。

Q. あなたの人柄をひと言で記載し、今までの人生でその人柄が形成された背景を教えてください。(600文字以内)

私の人柄をひと言で表すと「楽ができない」です。

私は人生で何かを「諦めるか頑張るか」といった選択を迫られる際には、楽な道は楽しくないし選びたくない、と感じます。きっかけは、高校1年生の時に陸上競技において、予期せず県大会の決勝という大舞台に出場した経験です。

私は中学時代まで「何となく楽しければ良い」という気持ちで競技をしており、プレッシャーゆえに試合を棄権してしまうこともありました。しかし初めて経験した大舞台で、レベルの高い選手達が、自分よりも遥かに真剣に競技に向き合っている姿を見て、憧れの気持ちを抱きました。

そして、レースを終えた時、棄権してプレッシャーから逃げる楽な道よりも、大舞台で本気で競い合い、やり遂げることの方が何倍も楽しいと感じました。私はその日から、より真剣に積極的に競技に向き合いました。怪我を乗り越え、自己ベストを更新し、友人やライバル達と競い、苦しいことを乗り越える度に、競技力が蓄積していくのを感じました。そしてその経験を、無駄にしたくない、更に高めたいという気持ちを確信しました。

大学入学時に、高校の友人達が陸上競技を「これ以上はしんどいから」「遊びたいから」と言って辞めていった際にも、私は続けることを選びました。私は、しんどくても物事に真摯に向き合う人に憧れ、競い合いやり遂げることを楽しく感じ、その経験の蓄積を更に高めたいと感じる「楽ができない」人柄だと考えます。

## 村田製作所の合格エントリーシート一覧を見る
## 電機 / 電子 / 精密メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトにシェアしてもらえるとありがたいです↓