【22卒】合格エントリーシート 伊藤ハム カヌー

Q. あなたらしさが伝わるように自由に自己PRをしてください。

私は「コツコツ努力ができる」、「自分の成長に貪欲」な人間です。理由としては、勉学と部活動が挙げられます。

勉学において、中学校の英語の授業で発音を先生に褒められて以来、英語を使って仕事をする大人に憧れを抱くようになり、現在に至るまで継続した英語学習を続けております。高校では国際科の高校に入学し、自身の英語力のさらなる向上を目指しました。大学では多種多様な考えを身に着けようと「グローバル地域文化学部」に入学し、継続して英語の学びを広げております。

さらに、日本での英語学習には限界があると感じ、留学を行ったことも、目標に向かって地道に精進することができる性格を表していると考えております。

部活動において、結果が出ない日々の中でも様々なアプローチを試み、結果に繋げてきました。挑戦する中では壁にぶつかることが何度もありました。その際、どうして結果が出ないのかを熟考し、様々な人に意見を積極的に求めました。

私のチームでは日本代表の選手や代表経験者の選手が多くいます。そのため「どうしたら強くなれるか」を様々な意見を基に考えることを意識しておりました。例えば、寒い冬場は実際にカヌーに乗って行う練習ではなく、陸上でのトレーニングの割合を増やすことを行いました。私は、強豪校との圧倒的な体力差があったので、ランニングや筋力トレーニングをしてその差を埋めたことも、現状に満足しない性格を表していると考えております。

このように私は、何事にも挑戦をし、その目標に向かって情熱を込めて精進することができます。

Q. 学生時代に最も苦労したことは何ですか。またそれに対してどう乗り越えたのかを教えてください。(400文字以内)

私は自身が所属する体育会カヌー部において、女子主将として部員の先頭に立ち部を引っ張ることに最も苦労致しました。

私の所属するカヌー部女子部門では、毎年僅差で優勝を逃しており、私は「マイノリティの意見がくみ取りにくい」という問題点を挙げ、改善に努めました。女子主将として夏のシーズン後の初回の合宿で、「人間関係の構築」に重きを置き、組織の深化を図りました。

具体的には、毎練習後の小さなミーティングで他者や各自のテクニックのフィードバックをし合うこと、さらに定期ミーティングでは技術面以をトピックとして話し合いを重ねました。この際、意識していたこととしては、「部員同士の意見交換の場」を多く設けることです。

結果として部員同士の意見交換が活発になり、競技力を高めていくことができる環境を整えることに繋がったと考えております。また、勝負所での踏ん張りが出てきていると感じております。

Q. 伊藤ハムの好きな商品とその理由、他社と比較して違うと感じる点を教えてください。(400文字以内)

私は、「おつまみドライ」が大好きです。祖父母が酒屋を経営している影響で、私にとって酒とおつまみがセットで出される酒の席は幼いころから親しみあるものでした。そんな我が家で決まって出されるのが「おつまみドライ」でした。幼い私がおつまみドライを食べるだけで大人の仲間入りをした感覚が大好きでした。今「おつまみドライ」を食べても周りに「あんたは酒飲みになるわ~」と笑われていたことを思い出します。

御社の商品が他社と違う点としては、「ターゲット層が厚い」ということです。徳用ソーセージのような価格を抑えたものから、少し贅沢な商品まで、「様々なニーズに応じた商品が存在する」と感じております。

そのような商品展開をされていることに加え、お客様の心をつく「美味しさ」を備えている点も期待に沿った商品ラインナップがある御社の強みであると感じております。

## 伊藤ハムの合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## カヌー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓