【20卒】合格エントリーシート 明治 サッカー

Q. ストレス解消方法。(45文字以内)

オフ前日に友人とお酒を飲みに行く。

Q. あなたの長所を教えてください。(45文字以内)

主体的に考え動くことができる。

Q. あなたの短所を教えてください。(45文字以内)

相手の意見と自分の意見が余りにもかけ離れていた時、すぐに相手の意見を否定してしまう。

Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。(400文字以内)

御社の企業広告に感銘を受けたからだ。その広告には「昨日より今日、今日より明日」と書かれていた。

私は、高校時代は吹奏楽部、大学は体育会サッカー部の部活動を通して毎日何かを積み上げることの大切さを学んだ。1つ目は「努力」である。毎日、昨日より上手くなること、強くなることを意識し課題を与えることでイメージする以上のプレーをすることができた。

2つ目は「想い」である。毎日上手くなりたい、勝ちたいと思い続け、このチームで結果を残したいという気持ちの積み重ねが、チームを一つの方向に向かせた。

そして3つ目は「信頼」である。現在は副将として部員のことをよく見ることで会話が増えた。部員とのコミュニケーションを通じて内に秘めた想いを聞くことで、信頼関係が生まれた。

私は、この経験を御社でもいかして、「昨日よりも今日、今日よりも明日」の精神で日々成長していきたい。

Q. 事務において、当社で具体的にどのように活躍したいか教えてください。(200文字以内)

視野の広さや信頼を必要とされてきた副将という立場での経験を活かして、全社員が働きやすい環境を作っていきたい。

貴社は消費者に製品を届けるとともに空間も届ける仕事だと思う。しかし、届ける側の貴社の空間が幸せな空間でなければ良い空間を届けることはできない。だから私は全社員が働きやすい環境を作り、貴社全体を今よりも更に良い空間を作ることに尽力したい。

strong>Q. 営業において、当社で具体的にどのように活躍したいか教えてください。(200文字以内)

私の強みである考動力を提案型営業という形で貴社や社会に影響を与えていきたい。ただ商品を売るのではなく、消費者の想いやニーズを感じ取り、どのようにすれば商品が売れ、かつ量販店などのお客様の売り上げも上がるのかを考えていきたい。

そして、それぞれの仕事に「私が行った仕事」というブランドを付け、私がいたから世界中のたくさんの人々が笑顔になったと自信を持って言いたい。

Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。(400文字以内)

「200人を超える体育会サッカー部のTOPチームで公式戦に出る為のトレーニング」

高校まではチームの中心選手として試合に出ていた。しかし、部員が200名以上在籍する全国でも強豪のサッカー部に入部したことで公式戦に出場することができなくなった。

私は公式戦に出る為に、練習試合での自分のプレーをビデオ分析という手段を使って繰り返し自己分析を行った。そして、基礎が不十分だと感じ、練習後に基礎であるパスとトラップの練習を毎日100本ずつと決め、1日も欠かさずに現在まで継続している。

それらを続けた結果、プレーの質が向上し、3年生の時に全国大会に出ることができた。

この経験から自分の欠点から逃げずに向き合い、粘り強く努力することの大切さを学んだ。これからも、何事にも逃げずに立ち向かい、最強のチャレンジャーというポリシーを念頭におき、成長し続けたい。

Q. 自己PR(内容は問いませんので、自由に記述してください。)(400文字以内)

私には高い考動力がある。その場の感情に流されず、目標達成のために何が必要かを考え行動することができる。

体育会サッカー部には「全員サッカーで日本一」という目標がある。しかし、新チーム発足当初、190人いる部員の中でチームの勝利のために動く人はごく僅かだった。ここでの課題は部員数が多いためほとんどの人が無関心になっているということである。そこで私は課題解決のために2つの取り組みを実施した。

1つ目は方向性を合わすことである。たわいもない話の中に、リーグに向けての真剣な気持ちを織り交ぜることで目標を共有し、方向性と意識の統一を目指した。

2つ目は、メンバーの得意なプレーを発見し伝え、その分野の練習のリードを任せた。自分の役割が明確になることで、チームに関わる大切さを理解し、任された分野を中心に意見が出るようになり、全員に責任感がうまれた。以上2つの取り組みを率先して行うことによって目標に近づいた。

## 明治の合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓