【18卒】合格エントリーシート 三井住友信託銀行(Aコース) 弓道

【設問1】大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。

※選択式
・ゼミ・研究室
・勉学
・部活(体育会系)←この方はこちらを選択
・部活(文化系)
・サークル
・アルバイト
・その他

【設問2】その内容について教えてください。(400字以内)

大学体育会弓道部にて、右肘故障を乗り越え、参段を取得したことです。

私は初心者として入部し、試合で活躍することを目標に部員40人と週4回練習を重ねました。しかし、2年次に右肘腱鞘炎を負い、半年間練習が出来なくなりました。原因を怪我予防に無知・無策であったこと、肘に負担の集中するフォームのまま練習量を増やしたことと受けとめ、再起してチームに貢献するため以下のことを行いました。

まず、故障を繰り返さないよう怪我予防の知識を身に付けました。具体的には、整骨院2カ所に通い、筋肉構造やストレッチ方法について学ぶ、関連書籍を5冊読みました。 次に、基礎からフォームを改革しました。その際、動画撮影と確認を繰り返す、毎日後輩含めた部員1人以上に指導を仰ぐ、など客観的・長期視点を重視して粘り強く修正していきました。

その結果、3年次に初心者として部内で唯一参段を取得し、今では故障に悩む部員の相談役を担っています。

Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。(400字以内)

大学2年次に、1ヶ月間のオーストラリア語学研修にてホームステイした際の経験です。初めての海外渡航で文化や言語に不慣れのなか、初対面の家族と生活する、という大きな環境変化でした。

ホストファミリーのうち、高校生の娘2人とはすぐに打ち解けた一方、ホストマザーとの距離の縮め方に苦労しました。ホストマザーは、初日から「仕事で疲れたわ」と言って終始ネットゲームをしており、私は歓迎されていないのか、と感じる態度だったからです。

それでも同じ家で過ごすのだから良い関係を築きたいと考え、以下の3点を行いました。笑顔で挨拶すること、娘の行動を真似て、毎朝帰宅時間を伝える、食事の前後は手伝うなど家族の一員として役割を果たすこと、マザーの仕事のない日に早く帰宅する、寝るとき以外は自室にいない、など接点を増やし会話すること、です。その結果、研修最終日には「3人目の娘よ」と言ってもらう関係となることができました。

Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。(200字以内)

学習支援ボランティア●●での経験です。毎週●●で勉強を頑張る小・中・高校生40人へのご褒美イベントとして、大学2年次にイベント係6人でクリスマス会を企画・運営しました。

LED工作教室の企画、子供への手紙、飲食物の手配、当日の司会進行など約1か月間準備を重ねました。財務担当として予算調整などの苦労もありましたが、子供たちに楽しい会だったと笑顔で言われやりがいを感じました。

## 三井住友信託銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 銀行の合格エントリーシート一覧を見る
## 弓道部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓