【18卒】合格エントリーシート 日清食品 サッカー

Q. ゼミ・研究の内容、もしくは研究予定の内容を教えてください。(300文字以内)

ゼミのテーマは「企業のCSR」です!企業が行うCSRやその活動について、研究しています。

CSRは企業がステークホルダーと信頼関係を築き、持続的発展をすることにつながります。実際に企業のホームページやCSRレポートを読み解き、週に1度、経団連に所属する企業の方をお招きして、ディスカッションを行い、CSR活動に関して学生目線での提言や質問を行いました。

また企業がCSRを行うことは、企業にとって単に負担やコストのかかるものではなく、長期的に見れば、価値を生み出すことを学びました。CSRに力を入れている会社で働くことによって、自身が社会に貢献しているという実感を得ることができると考えました。

Q. 学生時代に頑張った事を教えてください。(300文字以内)

部活動です。私は、部員200人の体育会サッカー部の中で公式戦に出るための「考動」をしてきました!

中学、高校はチームの主力として公式戦に出場していましたが、大学では公式戦の出場機会に恵まれず、苦しい日々が続きました。しかし「負けず嫌い」である私は、周りや環境のせいにせず、努力を続けました。

そこで自分には何が足りないのかを明確にしようと考え、練習試合をビデオに撮り分析したところ、シュート精度に課題が見つかりました。私は毎日の全体練習後に、シュート練習両足50本ずつを続けました。自分の欠点と徹底的に向き合い、公式戦に出場し14ゴールを記録しました。この経験から努力を継続することの大切さを学びました。

Q. 趣味と特技を教えてください。(150文字以内)

私は、誰にも負けないくらいお笑いが好きです!毎日1番組以上は観たり、録画したりしています。漫才も、トーク番組も鑑賞しています。笑うことで、疲れを吹き飛ばすことができます。

Q. 好きな食べ物を教えてください。(20文字以内)

こってりラーメンです。

Q. 嫌いな食べ物を教えてください 。(20文字以内)

ドライフルーツです。

Q. 自己推薦すごい経験1位を教えてください。(120文字以内)

私は高校時代サッカー部に所属し、高校3年時にプロや社会人、大学生も出場する天皇杯全日本サッカー選手権大会に香川県代表として出場しました!高校生で出場しているチームは全国で3校でした。1回戦でプロに敗戦しましたが、非常に貴重な経験をしました。

Q. ご自身の”グローバルSAMURAI”度を自己評価してみてください。(400文字以内)
※「グローバルSAMURAI」とは、グローバル・コミュニケーション能力(異文化理解力、発言力、プレゼンテーション力、英語力等)や創造力、リーダーシップ力、マネジメント力、異文化の環境でチームをリードしていく要素に富んだ人物を指し、加えて「勝つまでやめないタフさ」を持った人材の事で、日清食品グループ(日清食品株式会社)の求める人物像でもあります。なお等級には明確な基準はありません(あくまで自己評価です!)「努力中」か「初級」そう思う理由を記入して下さい。

私のグローバルSAMURAI度が初級である理由、それはグローバルさが足りないと考えたからです。

大学で英語の授業を受講していましたが、決して得意とは言えません。また海外への旅行の経験はあるものの、語学留学などの長期滞在の経験もありません。しかし、様々な人と会話をする柔軟性は身についていると自負しています。

私は高校、大学と知り合いのいない環境をあえて選び、自分よりもレベルの高い選手が集まる場所でサッカーを続けてきました。その中でも、「勝つまでやめないタフさ」に関しては、上級以上であると考えています!チームとして試合に勝つためにも、自分自身に勝つためにも努力を継続しました。

私は貴社で働くに当たり、英語が得意ではないことを感じさせないほど他の能力でカバーしたいと考えます。また自身の英語力に向き合い、向上させるために努力します。

Q. 「今、世界中でこんなこと私しか考えていないだろう」と思うことを教えてください。(200文字以内)

貴社のカップヌードルや焼きそばU.F.Oのような即席麺が与える健康面への不安なイメージを払拭することです。即席麺は、価格も安く、美味です。さらに調理時間の大幅短縮になり、非常にメリットが多いです。しかし、食べ過ぎると健康的にはよくないと考えます。そこに目をつけ、一日三食貴社の即席麺を食べても、栄養が偏らないそんな即席麺を開発はできなくとも、提案したいと考えています!

## 日清食品の合格エントリーシート一覧を見る
## 食品メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## サッカー部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓