帝人 合格ES 05

Q. 学業において、得意な科目・苦手な科目、それぞれについて教えてください。(600文字以内)

学業において私の1番得意な科目は、「国語」である。幼少期の頃に、家族や年上の言うことは「絶対」と教育されてきた私は、「従順な良い子」を演じてきた。

平穏に生きたいと人の機嫌を損ねないよう「常に」顔色を伺い続けた結果、相手が何を考えているのか心情を理解できるようになった。また中学受験を志した私は、小学3年生から4年間、毎日塾に通学していた。

通学にかかる1時間で週2冊、「国語の読解力をあげたい」を目標に本を読むことを習慣づけた。結果として、限られた時間の中で読まなければいけないため、速読力が身につき、多種多様な本を読むことによって読解力が身についた。その経験から、現実の世界だけでなく国語の文章題においても内容を素早く的確に理解する力が身についた。

苦手な科目は「世界史」である。高校の進路選択で大学提携クラスを選んだ理由から、「世界史」を選ばざるを得なかった。

社会科目であれば、幼少期から「日本の歴史」という漫画が大好きで読み続けていたことや母校の先輩が参議院議員で活躍されており、お話をよく聞かせていただいた経験から「日本史」や「政治経済」の方に関心があり、「世界史」よりは得意科目であった。

また万が一、大学推薦が取れず一般受験で入試をする場合、「日本史」か「政治経済」を選択しようと考えていたため、「世界史」の成績は最低限でいいと考えるようになった結果、高得点を取れず苦手意識を持つようになった。

Q. あなたの就職活動における企業選びのポイントを教えてください。(200文字以内)

すでに登録済みなのでログインする