【20卒】合格エントリーシート 東レ アメフト

Q. 研究している分野について教えてください。

研究テーマ:情報通信

研究室配属が決まるのが4月なので具体的な内容については決定していませんが、特に拡大しつつあるAI(人工知能)やIoT(Internet of Things)について興味を持っている。

その実現には「通信」というものはもちろん欠かせない上、通信の高速化が求められることが考えられる。そこで通信を高速化させるためには、具体的にどのようなプロセスを追って実現できるのかということを研究したいと考えている。

将来、社会がより便利で豊かになり、人々の当たり前の生活に変革を起こすための根底となる技術を追求できるいい機会だと思っている。

Q. 学生時代に力を入れた取り組みを教えてください。

下級生のアメフトに取り組む姿勢を変えたことだ。ポジションリーダーとして、筋トレ・体重管理をしている中で、4年生と下級生の間で取り組む姿勢にギャップがあるという課題が見えた。

3年生以下には、上級生の自覚がないと考察した。実際、4年生になってからリーダーに就き、アメフトに向かう姿勢が変わる人もいた。下級生のモチベーションが低いことは、部員が100名を超える部活の強みを殺している。そのため、下級生の姿勢を変えることがチームの強みを活かし、底上げになると考えた。

そこで私は親子制度を考案した。これは上級生と下級生で親と子を決めて、親が子供の筋トレや体重の管理を行う制度である。2,3年生にも役職を与えることで、上級生の自覚と責任を持たせるためだ。上級生の自覚が芽生えたことで下級生の自発的な行動が見られるようになった。また上下間のコミュニケーションも増え、信頼関係の構築にも繋がったと思う。

Q. あなたが当社で挑戦したいこと、実現したいことを教えてください。(300文字以内)

相反する要素の掛け合わせで、新たな「素材の可能性」を広げ、環境問題や水問題を解決できる社会に強く必要とされる製品を提供していきたい。

新たな事への挑戦心と、チームや組織から必要とされることで生まれる責任感や使命感が私を強く突き動かし、大学時代のアメフト部での活動に結びついてきた。これらの経験から、社会に出ても、多くの人々に必要とされる使命感を感じながら仕事をしたいと思っている。

まさに貴社は、繊維という素材の可能性を広げ、ヒートテックや炭素繊維など高付加価値且つ環境問題を解決できるような社会から強く必要とされる製品を提供している。技術職として人々の当たり前の生活に変革を起こせるような製品を作っていきたいと考えている。

## 東レの合格エントリーシート一覧を見る
## 素材メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## アメフト部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓