【20卒】合格エントリーシート 日本光電工業 準硬式野球

Q. 学生時代に挑戦したことについて、取り組んだ理由・目標・自身の役割・その成果も含めて記載してください。(300字以下)

私は「部を優勝に導く」という目標を掲げ、体育会準硬式野球部の活動に注力した。

「速球派投手の不足」が2年間優勝から遠のく原因となったと考え、自分がその役割を担うことで課題解決すると考えた。その実現のために投手未経験の私は経験者との差を埋める量質共に努力が必要と考えた。ウエイトトレーニングを徹底してパワーを鍛え、ボールに力を伝えるためにフォーム確認を毎日2時間取り組んだ。

その結果、入学当時120kmの球速は137kmまで伸ばすことに繋がり、ステップリーグではチームの優勝に貢献した。

この経験から困難な状況に陥った時、がむしゃらに努力するのではなく、道筋を立てて考えることで早く解決する力を身につけた。

Q. 上記の経験の中で、壁にぶつかった時どのように考えて行動し、成果に結びつけたか記載してください。(300字以下)

80名を超える部員の中で「投手」というポジションは未経験者が唯一私だけであった。入部当初は「部を優勝に導く」という私の目標は高すぎると周りから非難や反対を受けることになった。私は周りの意見を受け止めつつも「成長」という自分の可能性を信じ、部を優勝に導くため理想の姿(関西No.1投手)を追い求めた。

野球という団体競技を取り組む中で、私は「周りからの信頼」が重要であると考えた。「信頼」を手にいれるために私は競技での結果だけでなく、部活動への取り組みや姿勢、私生活においても徹底的に自分に厳しく行った。そして期待に常に応えていくことで「信頼」を手に入れ、ステップリーグの出場機会獲得に繋ぐことが出来た。

Q. 集団で1つの目標に向かって行動した経験を教えてください。(300字以下)

私は準硬式野球連盟の学生委員長として2年間活動している。学生連盟は従来、リーグ戦を運営するだけの組織だったが、プロも出るレベルの高い準硬式野球という競技を知ってほしいという想いから学生連盟として何か出来ないかと考えた。

そこで他大学の連盟10名と協力し、知名度向上のため、関西六大学リーグのHP作成や新大会の企画運営、規則作り等1から作り上げた。

その結果、競技を知る機会が多くなり、六大学全体の部員数は増え、リーグ全体のレベル向上にも繋がり全国大会で優勝するチームも輩出した。この経験から、大勢の人を巻きこみ活動することの難しさとやりがい、達成感を学んだ。

Q. 志望動機を教えてください。(200字以下)

私は世界中の人々の「成長や挑戦を支えたい。そのために高度な医療を誰でも受けることが出来る世の中を作りたい」と考えています。14年間の野球人生の中で、私は病院で正確な怪我の診断を受けられず、復帰に時間がかかり、多くの成長や挑戦を諦めてきました。

その経験から、救急医療からリハビリまで幅広い製品を持つ貴社の営業として、医療の発展や普及に努めることが「人の成長と挑戦」を支えることに繋がると考え志望致します。

Q. ゼミ・研究室の内容を入力してください。(300字以下)

私が所属するゼミ活動では、大学生という若者の視点から中小企業の経営回復を経営者と共に目指すコンサルティング活動を行う。

経営者の方から企業の課題についてお話を伺った後、企業の現状を調べ意見をまとめてディスカッションをい、その後、現地へ実際に足を運び、調査から得た情報を再度まとめ、最終的に経営者の方に直接課題解決プランのプレゼンテーションを行う。

私は経営者の考えを身近に活動を行えることに魅力を感じている。そして提案に対して経営者の方から直接フィードバックを頂けることで自分の力不足や社会の厳しさを痛感すると共に、ゼミ長として全員のモチベーション向上を図るなど1組織をまとめることの難しさを学んだ。

## 日本光電工業の合格エントリーシート一覧を見る
## 医療機器メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 準硬式野球部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、チームメイトや他大学の友人にシェアしてもらえるとありがたいです↓