【22卒】合格エントリーシート 日本光電工業 陸上競技

Q. 学生時代に挑戦したことについて、取り組んだ理由、目標、自身の役割、その成果も含めて教えてください。(300文字以内)

10年間、陸上競技部に所属していることです。中高時代には部長を務めチームをまとめていました。大学では、今までの経験を活かし更に記録を伸ばしたいと思い、継続を決意しました。

大学の部活は、スポーツ推薦の部員が多いため、私は記録会のみの出場しかできません。しかし、記録会で目指す記録を設定したり、駅伝のメンバー入りを目指し練習に励んでいます。

そのために、目指すべき大会から逆算した練習や怪我をしない体づくりを意識しています。今は、記録会がないため先週の練習より設定を上げた練習を達成することを目標にしています。

前回の記録会では3,000mの記録を入部当初から30秒縮めた上、高校時代の記録を更新することができました。

Q. 上記の経験の中で、壁にぶつかった時どのように考えて行動し、成果に結びつけたか教えてください。(300文字以内)

部活の環境が変化しましたが、ミーティングを行い部員の意識を統一させました。

一つ目の課題は、部活に顧問がいないためチームの方向性が正しいか不安になったり、強制感がなく向上心が低下したことです。二つ目は、部員間での競技力の差があり、2チームに分けて練習していたためお互いを把握できなかったことです。

解決策として、目標管理ミーティングを導入しました。部員が今月の反省と来月の目標を書き、他の部員からフィードバックをもらうミーティングです。走力や学年関係なく発表し、客観的な意見を得ることで練習に対する自信がつきました。また、コミュニケーションも増加し個人ではなくチームで戦うことを意識するようになりました。

Q. 集団で1つの目標に向かって行動した経験を教えてください。(300文字以内)

部活において、駅伝の目標を立て練習に励んだことです。

駅伝は、一年に一回の集団で戦う試合になります。しかし、部内では目標の認識の差がありました。全日本大会出場したい気持ちを持つ先輩と、現実的には厳しいと思う私たちでした。

現実からかけ離れた目標を立ててしまうと、目標が見失われると思ったため、私は大目標を”全日本大会”にし、小目標を”最低限達成できる目標”にすることを提案しました。

その結果、小目標であった10位以内を達成するために。部員は緊張感を持って練習するようになりました。駅伝選手から外れた私を含めたメンバーも、駅伝の先にある記録会を目標に選手と同じ熱量で練習に励みました。

Q. 志望動機(200文字以内)

私は、人々が毎日健康に過ごせるように支えたいという思いから貴社を志望致します。

コロナで世界が変わり、日々の生活がありがたいものだと実感しました。私が家で惰性で生きていたあいだ、医療従事者の方は恐怖と隣り合わせで働いてくれていました。その時、私も人のために貢献したいと感じました。

私は、貴社でコロナ禍でも価値を提供したり、国内トップシェアや唯一の製品を世に届け、多くの人の健康のために貢献したいです。

## 日本光電工業の合格エントリーシート一覧を見る
## 医療機器メーカーの合格エントリーシート一覧を見る
## 陸上競技部の合格エントリーシート一覧を見る
## 全ての合格エントリーシートを見る

◎この記事があなたのお役に立てたなら、ツイッターなどでコメントをもらえると嬉しいです↓